2013年7月22日月曜日

バンダジェフスキー博士7月21日東京専門家用講演会メモ下書き Bandazhevsky Seminar in Tokyo July 2013





講演後に(憧れの)バンダジェフスキー博士(かっこいい。。。)と記念撮影!
博士の隣に行けて大喜びの私(両手が喜びを物語っている)、帽子の方は放射能問題で活躍されている川根真也先生、赤シャツの方は分子生物学専攻の鮎川さん「閾値のない放射性物質は毒物どころか劇薬に入る」と説明、納得。
 撮影は堀内良彦さん。血友病HIV患者で一級障害者でありながら、山下俊一氏らを追及し、事故後福島に20回も通い続けている私の尊敬している人です。

Photo with Dr. Yuri Bandazhevsky
(He is our hero!!!)

そうそう、ひとつだけ。講演会の最後の質疑応答で、私もずっと手を上げ続け、やっと最後に指名されてこう述べさせていただきました。

In the end of the seminar, I gave one comment on Tokyo University research team.

「被曝問題の本を3冊訳した翻訳者でフリーのジャーナリストです。2011年6月、博士の論文の久保田先生による下訳を見て衝撃を受け、すぐにサマリーを作って日本医師会、心臓学会、腎臓学会、肝臓学会などに送りましたが、まったく無視されています。

 
I am a freelance journalist who has translated 3 radiation related books.  In June 2011, I saw the draft translation on your paper by Mr. Mamoru Kubota and was greatly shocked.  I wrote a summary quickly and send them to the Society of Medicine, Society of Heart, Society of Kidney, Society of Liver, etc, but the summary of your paper was totally ignored. 

また、先ほど話題に出ていた東大のWBC研究員の一人、坪倉氏とは直接お話しし、氏は「バンダジェフスキー論文を読んで実は困っている。福島の食品はすべて検査すべきだが、剣先も足りないし」と私にいい、坪倉氏のブログでも「10Bq/kgから心電図に異常が出る」と書いています。それなのに、その後に発表した米国医師会向けの論文では、それ以上の数値が福島で出ているのに、安全だと言っている。東大の学者らは知っているのです!ですが、知らないふりをしています。つまり、東大は、確信犯なのです!」

(東大早野氏とバンダジェフスキーとのやり取りについては、文末を見てください。)

Also, I met Dr. Masaharu Tsubokura, one of the researchers at Tokyo University in person and asked if he read Bandazhevsky paper, and he said, "Yes, as a matter of fact, I feel greatly in trouble.  All the foods in Fukushima should be measured, but we don't have enough measuring machines."  In Mr. Tsubokura's blog, he said, "From 10Bq/kg, EDG started to show abnormality in Chernobyl."  However, after that,
he released a paper at Journal of American Medical Association, which stated that the level in Fukushima was safe even though there are many who went beyond 10Bq/kg! 

と語気を強めて話していたところで、会場からひとりの女性が男性とともにすごい勢いで、「まだ質問したいことがあります!!」と私の発言を遮りました。その女性と男性が講演会後に私に「先ほどは失礼しました」と自分らで謝ったくらいでした。私の発言途中で不自然に妨害する行為に、東大関係か日本国政府の工作員の方がたかと疑ってしまったくらいでした。。。

In another words, experts at Tokyo University knows the truth but have been concealing the truth!

When I stressed on this point, a woman and a man abruptly blocked my speech saying, "We want to ask more questions!" 
Their interference was so obvious and the couple apologised saying, "Excuse us during the session..."  I thought they were from either from Tokyo University or agent from the goverment of Japan.

ところで、講演会が終わり、部屋の撤収作業をしているときに、たまたま博士が一人で机の上を片していた瞬間があったので、私はすかさず駆け寄りました。

When the seminar was over and the room was cleaned, Dr. Bandazhevsky was collecting his things on the desk, so I went up to him and said,

「バンダジェフスキー博士。私の母は福島県人です。本当にありがとうございます。ありがとうございます。」とお礼を言う間に涙が出てきてしまった私。

"Dr. Bandazhevsky, my mother is from Fukushima.  I really thank you.  Thank you very much."  While I was saying my words of gratitude, I couldn't hold back my tears.

ゴメリが汚染されていたので、医師らが逃げてしまった後、ゴメリ入りし、医科大学を設立すると同時に自ら被曝し体調を崩しながら研究をつづけ、また自分の抱えていた学生も複数亡くなってしまった博士。

Dr. Bandazhevsky went to Gomel to establish the Medical University since the Gomel was contaminated and local doctors fleed from the town, he also got exposed and became unwell, and some of his students lost their lives, but continued his study.

博士の貴重な研究をできる限り広めたい。
博士、本当にありがとうございます。 

Dr. Bandazhevsky studies should be prevailed as much as possible.

Thank you again, Dr. Yuri Bandazhevsky.


 
チェルノブイリの健康影響について
 
 
Health impact after Chernobyl wascaused by inhalation of iodine 131 into thyroid, massive contamination of the soil and food chain intrusion.
 

ヨウ素の甲状腺の呼吸による被曝

土壌の大量汚染

食物連鎖

 

セシウム137は原発が始まってすぐに環境に検出され始めた。

推進派は、無害だと言い続けてきた。

As a matter of fact, Cs 137 was detected right after the operation of nuclear power plant, but the promoters kept saying, "it is safe."

Csは崩壊するとベータ線とガンマ線出して、バリウムになるが、Baも大変毒性が強い。だくさん論文有。細胞中にBaが入ると大変危険。

Cs emitts beta and gamma rays while decaying into Barium, which is highly toxic.  There are many papers which shows the toxicity of Ba, too.  Especially, when Ba gets into the cells, they are very risky.
 

Csは細胞中に入ると化学的に影響し、放射線プラス化学影響がある。

Cs has chemical toxicity along with radioactive toxicity.

外部被曝よりずっと危険である。

Internal exposure is much more dangerous than external exposure. 

外部被曝の危険を全く違う内部被曝に置きかけてしまっている国際機関。

However, international organizations are calculating the risk of internal radiation based on the external one. 

外部被曝が1mSvであれば影響なしといい、600~700Bq/kgの内部被曝に相当するが、実際はこれよりずっと低くて影響。

They say, 1 mSv (equivalent to 600~700Bq/kg) is harmless, but there are health impacts under much lower levels.
 

どこも体内影響は研究してこなかった。

危険であることが証明されてしまうから。

No laboratories have been conducting the studies of internal radiation, since that would prove the danger. 


バンダジェフスキー博士の経歴

Let me briefly introduce my personal history.

90年に研究を始めた時には、すでに教授職を持っていた。

When I started my study in Gomel in 1990, I was already a University professor.

もともと先天性奇形の専門。ゴメリ医科大学を創設して研究を始めて。

My expertise was originally "congenital malformation."
I founded the Gomel Medical University and started my study. 

ゴメリは汚染地帯で医者が逃げてしまった。

Gomel was a contamianted area and doctors fleed from the city.
 

ゴメリ医科大学の学長をしながら、私は研究をした。

Therefore, I continued my research while I was a rector at Gomel Medical University.

当時、私には、先入観がなく、ただ住民の病気の原因を調べていた。

In those days, I didn't have any prejudice on radiation effects and simply tried to search for the causes of diseases among the residents.

そのために動物実験も使って、セシウム濃度と病気の関係も調べた。

 
For this purpose, I also did animal experiments to find out the relationship between Cs body concentration and diseases.

住民の体内濃度のモニタリングシステムも構築した。

(誰もやっていなかった。ベラルーシ企業も協力)


I established a Cs monitoring system for residents.

(In those days, nobody was doing that and some Belarus companies cooperated for that.)

 

その後、ベラルーシでもロシアでもウクライナでも同じような研究をしている人はいない。

After my research, nobody in Belarus, Russia, or Uklaine has done a similar research.

チェルノブイリの復興に巨額の費用が使われているのに、健康に与えるはっきりしたことを言える人がいなくなっている。(日本と同じだ!)


Though vast amount of money is being used for reconstruction of Chernobyl, there is almost nobody who can talk clearly on health impacts. (The same in Japan!)

 

データを隠すための様々な方法が旧ソ連にあり、住民は知らずに食べていた。

The former Soviet Union used various ways to conceal the data of contamination, and residents ate contaminated food without knowing it.

 ゴメリの駅に保管されていた汚染牛肉も流通。住民は知らなかった。

For example, stored beef at Gomel station was contaminated but it was distributed all over the country, and of course the residents didn't know about it.

ゴメリの子供と、非汚染地帯の子供も調べたら、非汚染地帯でも体内被曝を検出。

So I checked the Cs body concentration of kids both in Gomel and uncontaminated areas, and found kids in both areas were contaminated.

ゴメリでは医科大学の学長だったこともあり知られていたのだが、研究を出したら、州の人々が敬遠。

I was known as the rector of Gomel Medical University in the local society, but when I started my research, local municipal officers started to be away from me.
 

保健大臣も研究を机の中にしまっただけ。政府へも手紙、それから自分への弾圧が始まった。

One day, I gave my rearch paper to the Minister of Health, then he just put my paper in his desk drawer.  I also sent the same to the goverment.

After that, oppression started against me. 

 

食品の基準値というものがあるが、基準値以下であれば、危険でないということはない。


There is so called reference level for food, but it is wrong to say that the food is safe if it is under the reference level.
 

牛乳は100Bq/lで、まったく安全でない。検査員も98だとか数値を言わず、子供たちがそれを飲んでしまう。

For example, milk cannot be safe at the level of 100Bq/l.  The inspector does not say the sample was 98 Bq/l and children drink it without knowing it.

そういう牛乳を数日間飲めば、かなりの放射性物質が子供の体にたまってしまう。これが安全と言えるだろうか?まったくのまやかしである。

If the child keeps drinking that milk for several days, considerable amount of radioactive materials can be accumulated in his/her body.  Can you call this is safe?  This is solely a fake declaration of safety.

 

大事なのは過去の政治家の過ちをつくことよりも、これから人々を守る決定をすること。

The most important thing is to make decisions to protect people from now on rather than pointing out the past mistakes done by the politicians. 

事故のあと、実際の汚染状況が伏せられていた。事故が起こったことさえ、隠していて、51日のデモに子供も含めて動員された。

But after the accident, the real situation of contamination had been concealed.  Even the accident itself was concealed and on May Day festival, residents including children were mobilized for parades.

 

8年間の収監の後(刑務所でも書いて、フランスで出版された)、2006年から国外退去でフランス滞在

After I had been imprisoned for 8 years (I was actually writing in the prison and the book was published in France), I was ousted from my own country since 2006, and had been staying in France for several years.

フランスのクレモントという町に住んでいた。何年間か住んで居心地が良かったが、汚染地帯で研究をしたかったので、その後ウクライナに。(ベラルーシには帰れないので)


 
I used to stay in a French town called Clemont, where I spent time for several years comfortably, but I wanted to do study in a contaminated area, so I went to Ukraine.  (Of course I could not go back to my country.)
 

フランスで出版された本(放射能の問題と刑務所の中で考えていたことが書かれてある分厚い本)に、皆がサインを求めたが、皆私が何を書いたか、わかっているのだろうかと思った。

(この部分、私は会場でも笑いが起きたし、私も非常におかしかった。本当にバンダ博士は頭はいいし、率直な人です。大好き。)


Everyone asked for my autography in the book I published in France (the one I wrote about the issue of radiation and my thoughts while I was in the prison), but I was wondering whether he/she understood what I wrote.

 

1964年450ピコキュリーのセシウムが入っていた。69年には50ピコキュリーになっている。(Marey AN et al 1974

In 1964, already 450 pCi/kg (16.7 Bq/kg) Cs was detected in soil, which became 50 pCi/kg (1.9Bq/kg) in 1969.(Marey AN et al 1974
* 1Bq=27pCi, 1pCi=1/27 Bq

しかし事故後に図書館から消えてなくなった。というのは、これくらいなら危険がないと書いていたので。しかしなにかなんらかの放射能汚染があったら、緊急の対策がなされなければならないと書いてあったので。

However, the book disappeared from major libraries after the accident. 

The book said, "contamination of this level has no risk, but if there is any additional radiation contamination, there should be some urgent measures to be implemented."
 

ゴメリの小さな図書館で学生が偶然見つけた。その後私はこのデータを公式の場所で使い、ベラルーシ議会でも引用した。国会議長が、ゴメリ大学医学長に注意深い対処をといい、数か月後私は処分を受けた。


The book was found by a strudent in a small library in Gomel.  After that, I used that data in official places and cited the figures in the Parliament of Belarus.  Then, the chairman of the Parliament said that special attentions should be paid to the rector of Gomel Medical University and several months later, I was dismissed.

ロシアでは今でも隠されている。

In Russia, even now, the figures have been concealed.

数か月前にロシアの記者のインタビューに答え、チェルのの前にも汚染があったと言ったら、それは掲載されなかった。編集長が言うには、この本がロシアじゅうの図書館にないので信ぴょう性がないと。しかし私の公式サイト、chernobyltoday.orgには掲載されているので、多くの人が閲覧できる。

Several months ago, when I said in an interview by a Russian reporter, "There had already been contamination even before Cheronobyl," that statement was omitted from the article.  The chief editor told me that my statement was not credible since there wasn't the book in any library in Russia. 

However, the figure is listed on my official site, chernobyltoday.org, where many people can take a look.




 

国の人は何を怖がっているのか?このデータでこれまで原子力が怖くないと言ってきたことが覆ってしまう。


What is the people in the authority side scared of ?  They kept saying that nuclear power is nothing to be worried about, but if the data before the accident is relased, their statement could be proven to be false.

IAEAもだ。放射能の被害は、チェルノブイリから始まったとしか言っていない。

The same thing can be said about IAEA.  They say the contamination started only after the Cheronobyl.
 

ベラルーシでは、74年の汚染が86年以降の汚染地帯と一致する。この情報も重要である。

In Belarus, the contaminated area in 1974 coincides with the contaminated area since 1986.  This information is very important. 

味方の人でもチェルノブイリ以前の汚染を言うなと、チェルノブイリが過小評価されるから言うなと言う。


Even some people in our side tell me not to talk about the contamination before Chernobyl, since contamination from Chernobyl could be underestimated. 

 

しかしチェルノブイリ以前から、これらの地域が汚染されていたことを言わないでいることはできない。

However, I cannot keep silence on the contamination of these areas before the Chernobyl accident.

チェルノブイリ以前から50年の長きにわたって汚染にさらされてきた。

 These areas had been contaminated for 50 years including the years before the Chernobyl accident.

出生率の低下はチェルノブイリ以前からあったが、汚染もあった。学者たちはそれを隠して、以前から出生率が下がっていたという。

Birth rate decrease had been observed before the Chernobyl accident, but there had been contamination also.  Some scholars insist that the birth rate has been decreased even before the accident concealing the pre-accident contamination.
 

心血管疾患については書くなとベラルーシで言われていることがある。

As for cardiovascular diseases, some institutes in Belarus tell the doctors not to write in the medical record.



 

虚血性心疾患も汚染地帯が高い。

But in contaminated areas, ischemic heart disease is high.

悪性腫瘍の発生率は都市部よりも農村部が高くなっている。汚染食品を多く食べているので。

都市も安全ではないが。


Cancer incidence rates are higher in rural areas than urban areas, because people in rural areas eat contaminated food more. 

Of course, that doesn't mean that urban areas are safe.

 

ベラルーシに住んでいた時、ふつうに食べていたので私もやられてしまった。ある時首都のミンスクでブルーベリーをたくさん買った。ミンスクの近郊でとれたものと思っていた。ブルーベリーで何度か体調を壊し、食中毒かと思っていたら、汚染地帯が産地だった。

While I was living in Belarus, I was eating normally, and I got sick.  I bought a lot of blueberries in Minsk, the capital of Belarus.  I thought these blueberries were from some surburb of Minsk. 

I had food poisoning symptoms several times after eating blueberries (I thought I had food poisoning), but I later knew that the berries came from contaminated areas.

ウクライナのイワンコフ地区で自分の体内濃度を測ったら、そのイワンコフ地区の住民よりも高かった。汚染食品を食べていたので、私の濃度も高くなっている。

When I checked my body Cs concentraion in Iwankov District in Ukraine, my figure was higher than the local residents, since I had been eating contaminated food.
 

セシウムは子供により多く蓄積されている。

Cs concentrates more among children.

そして甲状腺には特に多く蓄積されるので、セシウムも甲状腺がんに寄与している可能性が高く、それに関する研究が必要である。

Especially, accumulation in thyroid is high, so there is a high possibility that Cs is contributing to thyroid cancer.  This issue should needs further studies.
 

21世紀になってから生まれた子供に甲状腺がんが多くみられるが、彼らは初期被曝をしていない。

For example, children born after year 2000 did not get initial exposure, but there are many thyroid cancer children.
 

甲状腺がんがヨウ素ばかりではないという点は非常に肝心である。

It is very important to know that radioactive iodine is not the sole contributor to thyroid cancer.



 

福島でも食品汚染からも甲状腺がんが増える可能性がある。


 There is a possibility that thyroid cancer will be increased from food contamination in Fukushima.

動物実験の結果も人間と一致していた。体重あたりの濃度と臓器濃度を比べると臓器のほうが高くなる。

 Cs concentration level result coincided between animal experiments and those of human beings.  Internal organ's concentration was much higher compared with the average per kg per body.

ソ連の教科書ではセシウムは主に骨格筋に蓄積するとあり、それ以外の説明はなかった。骨格筋は重量が多いので、それは確かであるが、濃度となると心臓などの重要臓器のほうが高い。

In a textbook by former Soviet Union, Cs is supposed to accumulate in skeletal muscle, without any further explanation.  That is true since the weight of skeletal muscle is much, but as for the concentration, internal organs such as heart is higher.
 

私たち以前には内臓にたまるセシウムを計測する人はいなかった。

However, there was nobody who checked the Cs concentration in internal organs.


 
(ここで1999年ベラルーシのTVでの番組をみる。)
(Here the screen shows the TV program aired in Belarus in 1999.)

 

ひゃあ~見て見て!映画スターのようだよ!!しかも知性と信念を兼ね備え、魅力100倍。




バンダの慎重に行っていた動物実験。

The screen shows aminal experiments carefully prepared.
 

放射性物質の注入。


Injection of radioactive material into a rat.

体内濃度の測定

Measuring the body concentration



解剖

Dissection

臓器の組織標本を作る。

Preparing tissue samples of internal organs



組織をパラフィンのブロックにして、

The tissue is separated for paraphine block 

次のシーンは、(人間の)死体安置所

The scene shows the mortuary

解剖して取り出した臓器の研究

Organs were extracted after dissection

心臓、その他の臓器がプレートに載っている。


Heart and other organs are placed on the plate.

心臓の標本作り


Sampling of the heart is prepared.

心臓の中にどのくらい放射性物質が蓄積しているかを測定(鉛の入れ物に入れて測定する)

Measuring how much radioactive materials are accumulated in the heart
(Measureing was done in a lead container)


重量を測り、正式標本のために、一部を切り取り、プレパラートに。
The organ was weighted and for official sampling, a part was extracted set for prepalate.

結果の検討。

Staff discussing the result.

 

45Bq/kgの心臓で

In case of heart with Cs 45Bq/kg concentration

ミトコンドリア(細胞のエネルギーを作るところ)の変性が見られる。いくつかのミトコンドリアがくっついてしまっている。

Mitochondoria (producer of cell energy) structure was altered and multiple number of mitochondorias were joined.
 

 

心臓の組織の中の酵素、アルカリホスファターゼとクレアチンホスホキナーゼを測ったが、蓄積が多い動物では半分になっていた。(これらはミトコンドリアの活性に必要な酵素で、エネルギー供給源が減少)ほかの臓器でも同じ傾向。

Enzymes alkaline phosphatase and creatine phophokinase (CPK) were measured in heart.  In case of animals with high Cs concentration, these enzymes were half of normal figures.  These enzymes are necessary for activation of mitochondoria, so energy supply will be suppressed for cells.  The same can be said in organs other than heart.

 

私の大学の女子学生が、少しぽっちゃりしていてダイエットしようと運動していたら、心停止による突然死になった。しかし誰も放射線の原因には触れない。

One of my school's female student who was a bit chubby was trying to do a diet by exercising.  Then she suddenly died due to heart failure.  However, nobody was talking about the cause of her death in connection with radiation.

心電図の測定。1992年にこの心電図の表を作った。小児科で心臓病、子供の心電図を専門としていたガリーナ・バンダジェフスカヤがこの表を作った。

This is the measurement of heart ECG.  My wife, Garina Bandazhevskaya made this table.  She is a pediatrician specialized in heart diseases and child ECG pattern.

初めはゴメリ州の子供30Bq/kgの子供で測っていた。

At first we were examining ECG of children with 30Bq/kg Cs concentration.

対照群として非汚染地帯を選んだり、またベトカ地区というところがゴメリ地区では汚染がひどかったが、彼らも含めた。

As a control group, we chose some uncontaminated area, and also we picked even more contaminated area such as Petka, worse than Gomel.
 

心電図異常に、10Bq/kgで大きな差が表れる。

At 10 Bq/kg, ECG shows a big difference.

心臓の場合だけではない。

This is not only true for the heart.

遺伝的な欠陥を持っている人もたくさんいる。プラスなんらかの外的要因で誘発される。

At 10 Bq/kg, there are many of those who have some genetic defects, which were induced by some other factors besides Cs.

私たちは多因子性の奇形を研究した。

 
We studied the congenital malformation caused by multiple factors.
 

少量のセシウムでも遺伝的な素因が発現する誘因になるのではないかと考えた。


We assumed that even small amount of Cs could induce genetic defects.

 

誘因となり得るもの:鉛、火事を消すために鉛を大量に投入したが、それで周辺に大量にばらまかれた。

 Lead could be another factor.  Lead was massively poured into the reactor, which was scattered in large volume in the surrounding of Chernobyl.

様々な地域で子供の血液中の鉛の濃度を測定したら、高い値だった。

 When we checked the lead concentration in children's blood in various areas, they showed high figures.

鉛は、イオンが細胞膜を通過することによって行われるエネルギー産出をブロックする。ゴメリ州の子供の心電図に異常が多いのは、鉛も関与しているのではないかと思った。

 Lead can block the energy production generated by ions passing cell membranes. 

I assumed that the high rate of ECG abnormality among Gomel children could be partially attributed to lead. 

ウクライナで今、ほかの化学物質が関与しているのではないかという研究をしているが、鉛以外にも様々なものがわかっていて興味深い。

Currently in Ukraine, we have been conducting studies to search for other chemical substances which could be attributable for residents' ill health.  It is quite interesting to know relationship with substances other than lead. 

しかしながら、汚染地帯で見られる病変で、放射能の影響が一番多くみられる。

However, radiation effects are observed most among all the disease indusing factors in contaminated areas.

突然死した43歳の45.5Bq/kgの心臓組織。心筋の溶解と重い浮腫が見られる。セシウムはび漫性の影響を与える。

This is the photo of heart tissue of 43 year old man who died suddenly with 45.5 Bq/kg Cs concentration of heart.  Cardiac muschle dissolution and serious edema are observed.  Cs cause diffuse lesion.

 

び漫性の障害は、虚血性心疾患の図とはかなり違う。

This kind of diffuse lesion look quite different from ischaemic myocardiac disease.

突然死した人を解剖すると、心筋梗塞などになっていないのに亡くなっている。びまんせいの組織が出てきて、わけがわからなかった。そしてこのびまんせいの障害を見て、何が起こっているのかと。

For example, when I dissect a person who died suddenly, that person hasn't got myocardiac infarction but had some diffuse lesion.  At first I could not understand what was going on when I looked at the diffuse lesion.

 

そして動物実験で同じ状況を作り出して、組織を見て、びまんせいの障害が出ていたので、原因がわかった。

Therefore, I established the same environment with experimental animals and observed their internal tissue and found the diffuse lesion, so I found out the cause.
 

放射能障害による心筋症であることが分かった。

In this way, I came to be aware that the myocardiac disease was caused by internal radiation effect. 

しかし、推進側は黙っている。

However, the nuclear promotors keep their silence.

 

心臓だけでなく、ほかの臓器にも影響は及ぶ。


This effect can be seen in other organs, too.

 

エネルギー不足が起こると、収縮が起こる。心筋やほかの臓器に過収縮が起こる。

エネルギー不足からカルシウム不足、過収縮が起こる。


When energy level is in deficiency, arctation occurs.  Excess arctation occurs in cardiac muscle and other tissues.  Due to energy deficiency, calcium gets also deficient, whicb causes excess arctation.

 

同様に血管が障害されると腎臓にも影響が及ぶ。


Likewise, when blood vessels get harmed, kindney gets affected.

 

腎臓では糸球体に血液がいかなくなり、糸球体が壊死する。溶ける氷現象と名付けた。これが起こると隠れた形で慢性腎不全が起こる。


In kidney, blood stoppes circulating glomeruli, resulting in necrosis.  I named this glomerulus necrosis as, "melting ice syndrome, " which causea chronic kidney failure in a hidden manner.
 

放射性物質が体内で増えると尿素が多くなる。窒素代謝がうまくいかなくなるから。

これが一定期間続くと慢性腎不全となる。

Increase of radioactive material causes increase of bodily urea due to failed nitrogen metablism.

If this trend continues for a certain period of time, it will cause chronic kidney failure.
 

ゴメリ州では多くの住民が慢性腎不全を持っている。

In Gomel, many residents have this chronic kidney failure.
 

ベラルーシにも透析センターがあるが、あまりに多くて処理がしきれない状態。

透析を受けれずに亡くなる人もいる。

In Belarus, there are dialysis treatment centers, but there are too many patients to treat, and some have died because they couldn't get one.

特徴的なのは、はっきりとした炎症反応がない。肝臓でも一緒である。


 
What is unique about this symptom is that there is no clear inflammatory reaction.  The same can be said about liver.
 

あるべき炎症反応がないということは、免疫系が抑制されていることが考えられる。

Lack of inflammatory reaction means suppression of immune system.

放射線によって免疫系が抑制されることは、様々な人が論文を書いている。

Various people write thesis regarding the suppression of immune system caused by radiation.

脾臓にも放射性物質がたくさん蓄積される。

Lots of radioactive material get accumulated in spleen, too.

次は肝臓。脂肪とたんぱく質の変性と肝細胞壊死。

Let me show you the photo of liver with radiatioactive material accumulation.  You can see the alteration of fat and protein and necrosis of liver cells.

汚染地帯では、脂肪肝が多くみられる。結果、体全体の代謝機能が低下する。


In contaminated areas, there are lots of people who suffer from fatty liver.  As a result, metabolism in the entire body gets decreased.

肝臓の中くらいの障害が多くみられる。

There are many patients who have medium level liver failures.

1990年に私はゴメリにやってきて、ふつうの食生活をしていた。

In 1990, I came to Gomel and had an ordinary diet.

3か月後、60Bq/kgのセシウムがたまった。

After 3 months, my Cs body concentration became 60 Bq/kg.
 

しかし当時は34歳で若くて気に留めていなかった。

But in those days, I was 34 years old and young, and I didn't pay much attention to that.
 

少し疲れは感じていたが、学長として仕事がたくさんあったので。


I tended to feel a bit tired, but I had a lot of work to do as the rector of the university.

 

大学の研究室で機能を調べるために、自分の血液を採取して検査したら、私の肝臓の指標は悪いと言われた。

One day, in order to check the functionality of our university laboratory, I examined my own blood and then I was told that my liver index showed bad figures.
 

2週間後、休暇をとって、母の実家に行き、数週間いた。

Two weeks after that, I took several weeks off to my mother's house.
 

その後ゴメリに戻ったら、体内濃度は減り、血液は元に戻っていた。

After I came back to Gomel, my Cs body concentration was decreased and my blood index became back to normal. 

私は汚染地帯にいて、ふつうの人と同じように住んで研究すべきだと思っている。遠いところで研究していてはならないと思っている。

I believe scholars should study staying in the contaminated area and live like other residents do.  I think it is not allowable for researchers to stay at a remote area to conduct a study.
 

自分も汚染地帯にいて、一般の人と同じことを体験したほうが、もっと客観的に分析することができる。

 You can have more subjective views and analysis if you stay in the contaminated area and go through the same experiences like other residents do.

チェルノブイリ事故の後、日本の学者たちがたくさん来て情報を得たのに、彼らの情報はどこにいったのか?

 After Chernobyl, lots of Japanese scholars came and obtained a lot of information, but where is it now?

明日は東大の先生と会うが、調査をするよりも、行動をする時期だと思う。

Tomorrow, I am going to meet some professor from Tokyo University.

But now is the time to act rather than studying.
 

私がゴメリで働いていた時も、チェルノブイリを支援をしようとする基金の人たちや、学者、TV局の人たちが撮影をしていった。

 
While I was working at Gomel, those who tried to raise funds for Chernobyl, scholars, TV staff members shot our workplace. 

 

女性の生殖系に放射能が与える影響について

Impacts on female reproduction system
 

初めは子供たちの体内セシウムのモニタリング、それから大人の測定に移った。

At first we conducted internal Cs monitoring on children and then moved to adults.
 

若い生殖年齢のセシウムと血中のホルモン、エストロゲンとプロゲステロンのを調べた。


We checked the internal Cs among young people at reproductive age and also checked the hormons in blood, estrogen and progesteron.

40Bq/kg以上の女性は、卵胞期でプロゲステロンの上昇とエストラジオール濃度の低下がみられる一方、黄体期ではプロゲステロン濃度の低下と、エストラジオールの濃度の上昇がみられた。

In the female with over 40Bq/kg, increase in the level of progesterone and decrease in the level of estradiol were recorded in the follicle phase, and decrease of progesteron and increase of estradiol were recorded.










このようなホルモン分泌では、受精卵の着床や、胎児の発達、そして正常な赤ん坊の発達が難しくなる。

With these pattern of hormon secretion, implantation of fertilized ovum, development of fetus and baby will become difficult.
 

また汚染のひどいところで、思春期の女性を調べたら、同じような状態だった。

The same can be said for female in puberty age in contaminated areas.
 

そのデータは私が学長をしていた時の最後の発表だが、同じ新聞に私が逮捕されたことも記された。

This data became the last release of my study as the rector of and in the newspaper on the same day, my arrest was reported.

その後、ルカシェンコ大統領が汚染地帯に住んでいて大丈夫だという発表。

 After that, President Lukachenko announced that it would be safe to keep living in the contaminated area.

先天性奇形を持った胎児の体内のセシウム蓄積量は非常に多い。そして胎盤に蓄積しているセシウムの量別に血中コルチゾール濃度を見た。蓄積が多いほど、母親と胎児の血中コルチゾール濃度の差が大きくなっている。母親が高く、新生児が低くなっているのである。これは出生後の抵抗力に問題をもたらす。

Cs concentration in fetus with congenital malformation is quite high.  We checked the cortisol level in blood in accordance with the Cs concentration in placenta.  We found that the difference of cortisol concentration between mother and the fetus was greater when Cs concentration was high.  That is, mothers had higher cortisol than new borns.  This will affect the stress resistance of newborns.




コルチゾールは肺組織の発育に重要な役割を果たしている。


Cortisol also plays an important role in the development of lung tissues.

肺胞の発育に影響にもたらし、無気肺となる可能性にあるし、空気に混ざって入ってくるものに対する抵抗力が少なく、感染症にかかりやすくなる。これらは新生児にとって命の危険となる。

 It will affect the development of alveolus, which could result in atelectasis.  Also such babies cannot resisit foreign substances included in the air, and become more liable to get infectious diseases, which could threat the lives of newborns.

ベラルーシでは2000年から2008年の間に先天性奇形が15倍に。

In Belarus, the congenital malformation became 1.5 times higher bewteen 2000 and 2008.
 

ゴメリ州のほうが奇形率が高いが、ほかの州でもたくさん見られる。

The rate is higher in Gomel, but there are many congenital malformation in other states. 

男性のほうが女性よりもセシウムをより多く蓄積する。

 Men accumulate Cs more than women.

しかし妊婦の場合は非常に多く放射性セシウムを取り込む。胎盤に大量のセシウムが蓄積される。胎盤は磁石のように放射性物質を引き付ける。

However, in case of pregnant women, they absorb a lot of radioactive cesium and massive amount of Cs could be accumulated in their placenta.  Placenta is like a magnet for radioactive materials.
 

胎盤は胎児の体に有害なものが入らないようにするものだが、セシウムは胎児の中に入っていくのが実験動物でも確かめられている。

Placenta blocks harmful material to intrude into fetus, but Cs can pass through it to fetus, and this was proven in animal experiments.
 

セシウムは多因子性の遺伝障害を子供に誘発させる。

 Cs can induce genetic damages on children through multiple causes.

遺伝子的に素因があり、誘発因子が入った時に発現するのである。

On top of genetic diathesis, when inducing factor intrudes into the body, such genetic damage developes.
 

最も重大なものは中枢神経、特に脳の遺伝的素因である。

The most serious one occurs on central nerve system, especially on the genetic diathesis of brain.

心臓の先天性奇形のための研究と基金を設けるキャンペーンがよく行われている。


There are many campaigns for studies and fund-raising for children with genetic heart defects.

しかし、妊婦がセシウムを体内に入れないようにする、予防については誰も言わない。

However, there is nobody who talks about prevention, where pregnant women tries not to take Cs into their bodies.

ウクライナでの国際プロジェクトでは、特に新生児の健康を守るのを重点的に行われている。


In Ukranian International Project, lots of efforts are made to protect the health of newborns. 


動物実験

Animal Experiment 

カラスムギ穀粒中のセシウム137濃度を変えて28日投与。

We gave oats with various concentration of Cs 137 to rats for 28 days. 

大脳半球の分泌物に違い。グリシンが減り、グルタミン酸が多くなった。

 As the result, there were differences on the secretes from cerebral hemispheres.Gricin was decreased and glutamic acid was increased.


後ほど、こういう脳になった動物がどういう行動をとるかを動画でお見せする。

I will show  a video of rats with these brain problems and let's see their behavioral problems of them.


放射能入りのえさのラットは血中の尿素の濃度が高くなる。

Rats fed with Cs had higher concentration of urea in their blood.


子供の白内障が増加。ゴメリ、ペトカ地区。


Bandazhevsky et al, 1997,1998


Child cataract is increased in Gomel, Petka district. 
(Bandazhevsky et al, 1997,1998


子供が白内障になること自体が異常である。


It is quite abnormal for children to get cataract.





 

50Bq/kgを超えると35%が白内障。

35% of children got cataract when their Cs level goes beyond 50Bq/kg.
 

30Bq/kg以上の子供には常に重要臓器に影響が続く。長寿命放射性核種取り込み症候群と呼んでいる。

For children who is more than 30 Bq/kg has consistant impacts on important organs.  I call it SLIR.
 

事故後に、個々の臓器に注目し、全体を注目していないという医学界の間違いがあった。

After the accident, medical society only paid attention on individual organs no the entire system, which was wrong.

初期にはモニタリングシステムもなかったので、こういう現象にも思い当たらなかった。


In the beginning, there was no monitoring system, so I didn't come to think of this kind of syndrome.

全身症状の評価がなかった。

There was also no evaluation system for the entire body system.

子供、胎児の場合は、細胞が外的要因に弱いため、症状も非常に重くなる。

In case of children and fetus, they are vulnerable to outside factors, and their symptoms tend to be very serious. 

ゴメリ医科大学に着任した時に、医者を募集し始めた。

When I took the office of rector at the Gomel Medical University, I began recruiting doctors.

大学で免疫学の講義をしながら、有望な学生に研究所に残ってもらおうと思った。

While I was giving lectures on immunology, I tried to find promising students to remain in our laboratories. 

そして実際に研究グループを作った。その中に22歳の女の子がいた。とても賢く仕事ができる子だった。

Then I established a study group.  In our group, there was a female student who was 22 years old.  She was very smart and capable.

一番有望な学生の一人だった。
 

She was one of the most promising students.
 

しばらくたってから、彼女の友人から彼女の肝臓に大きながんがあることを聞いた。90年か91年のことだった。原発性の肝臓がんは頻繁には起こらない。しかし、チェルノブイリ事故の後、その例が多くなった。

After a while, her friend told me that she had a very big cancer in her liver.  It was either in 1990 or 1991.  Primary hepatic cancer is a very rare disease.  But the cases of primary hepatic cancer.

研究をしている間、特に苦痛を訴える出なく、仕事をしていた。常に私はその間、心配していた。

While we were conducting our research, she didn't complain particular pain and did her work.
I was always worried about her.
 

ある日、彼女は仕事に来なかった。彼女の写真は今も我々のサイトに残っているが、私が一番

最初に大きなショックを受けたことだ。

One day, she didn't come to the office.  Her photo still remains in our website. 
Her death was one of the most shocking events for me in the early days.
 
 

去年始めて今年の初めに終わった実験


A new strudy which started last year and ended the beginning of this year

 

 

生殖腺への放射線および化学物質の影響

動物実験をつかった生殖損失を見た。

Impacts of radiation and chemical substances on reproductive organs.

We witnessed the loss of reproductivity through animal experiments.

2011年に汚染地域で収穫したカラスムギの安全性を評価する。

50Bq/kgセシウム137 

17.2Bq/kg ストロンチウム90
(ストロンチウムが3分の1もある!)

 We evaluated the safety of the oats cultivated in the contaminated area in 2011.

Contaminated oats
50Bq/kg cesium 137
17.2 Bq/kg strontium 90
(The ratio of Sr90 is amazingly high!)
 
胎児の先天性奇形が見える。骨格が融合してしまったところが見える。

You can see congenital malformation of fetus.  This fetus has anastomosis of skeletons.




子宮の中で死んでいる胎児がいる。

We also observed fetuses in mother's womb.


 

脳の逸脱、こうしんれつ 口蓋裂

This fetus has a brain deviated. This one has cheiloschisis, and this one has cleft palate.
 

脾臓がない子供
This baby rat has no spleen.
 

毛がない子供
This baby rat has no hair.
 

おなかが腫れている、腸にカスがたまり、消化がうまくできない。
This baby rat has swallon stomach due to accumulated gas and cannot digest food well.
 

胃と肝臓に腫瘍を持った子
This baby rat has tumor on his stomach and liver.
 

頭蓋に異常を持った子供。

This baby rat has abnormality on his skull.

ストレス反応を示すメスの子(オスの子はこうならない)

 This baby rat has stress reaction.  (Strangely, only female baby rats and no stress reaction was observed among male rats.)

生後45日目、赤血球とヘモグロビンが減少。

This baby rat is 45 days old and its erythrocytes and hemoglobine were decreased.

他の血液指標も異常が見られる。

 Other abnormalities were observed in other blood indexes.

特徴的なのは尿素が多くなっている。

 What was typical among these rats was the increased urea.

腎臓の損傷も起きている。

 There were damages on kidney too.

政府は、カラスムギの実験をしたところに人々を帰還させようとしている。

The government is trying to return people to the area where I conducted the oats study.

私がどんなに嫌われているかわかると思います。


Now you can guess how I have been hated by authorities.

真実の追及には困難が伴う。

Pursuing truth accompanies difficulities.

今では私は一人ではなく、ウクライナ科学アカデミーも賛同するし、環境と健康という分析センターを創設した。

 Now I am not alone, but Ukraine Science Academy is supporting us and we have founded Center for Analysis on the Environment and Health.

ウクライナで大きなプロジェクトが始まっている。今年公式に始まったプロジェクトである。これを実現するために5年間闘った。

 
In Ukraine, a big project was initiated from this year officially.  I fought for the realization of this for the past 5 years.
 

20084月、欧州議会で、汚染地帯で客観的な研究をするための必要を話した。長い時間かかって、やっと認めてもらい、EUが資金出した。ウクライナの汚染のかなりひどいイワンコフ地区で健康の研究も始まった。

In April 2008, I talked about the need to study objectively in a contaminated area at European Parliament.  After a long time, the project was admitted and EU provided some fund.  In Iwankov district in Ukraine, where the contamination is serious, health survey was also started.

土壌の汚染、化学物質の含有量も測定、そして地域の土壌と食品の放射性物質、人体の放射性物質を計測するラボラトリー。

 There, contamination of the soil and inclusion of chemical substances are measured.  Also, the soil and food contamination and human body contamination are measured in the laboratory. 

子供7500人全員のモニタリング。重要臓器のモニタリングも。生化学検査など。

We are also monitoring all the 7500 children living in the area including the monitoring of organs though biochemical inspection.


子供たちには10か月の間、ヨウ素を含むサプリメントを上げる。妊婦健診と胎児検診も常に行う。

For children, we gave iodine suppliment for the duration of 10 months and conducted pregnant women and fetus inspection.

妊婦さんは期間中、ヨウ素のサプリメントとビタミンとミネラルのサプリメントを。

We also provided suppliment of iodine, vitamin, and mineral to pregnant women.

地区の中央病院に母子保健センターを設け、胎児・新生児の健康チェックもする。

We also established the Mother/child center in the central hospital and conduct fetus and newborns' health check.

汚染していない食べ物をどうやって手に入れるかというカウンセリングセンターもある。

 We also have a counseling center for giving advice on how to obtain uncontaminated foods.

20年前にやっていなければならないこと、そして僕はそう20年前に本にそう書いていた。

 These kinds of activities should have been done 20 years ago, and I wrote the same in my book 20 years ago.

EUの国際プロジェクトの専門家としてかかわっている。これを福島のために参考にしてほしい。日本の市民や学者の方々がこのプロジェクトに参加することは大変重要である。

I am involved in this EU international project as an expert. I want our project to be used for Fukushima.  It is very important for Japanese citizens and scholars to join this project.

事故のみでなく、元からあったもの、放射線もその他の化学物質もかんがみなければならない。

 We have to consier not only radioactive materials emitted  from the accident, but also chemical substances, too.

予防の中には、有害物質が体に入らないようにすることが含まれる。

When we talk about prevention, we need to protect ourselves from all the toxic materials.
 

―質疑応答―

 

 

曽根盛信也さん

リクビダートルの診療にかかわっていた看護師です。

1点:伝統的な東洋医学では未病を治すのが知られていると思いますが、どのように活用していますか?

 

湯川さん(新潟の放射線医学の専門家)

キレート剤の効果は?→ペクチンは複雑な問題で、好ましくない側面もある。話すと長くなる。私のペクチンの研究を始めた一人であるが、92年のウクライナ科学アカデミーの研究員が来て、効果を調べてくれと言った。依頼された研究を行い、同僚の一人は大きな論文で学位をとった。私の研究ではペクチンと粘土を混ぜたものが一番吸着してくれた。ペクトパルという薬剤だ。ペクトパル以上に吸着してくれるものを私は知らない。その後、ペクトパルについて誰からも情報をもらっていない。いくつかの研究所が何種類かのペクチンを使おうとしている。

しかしペクチンを作るのは難しい。りんごの皮と実の間の部分だが、すぐ酸化してしまうので、しっかりした施設がないと作れない。きちんとしたところで作ろうとしていると聞くと疑問がわく。もうひとつの問題は、ペクチンが代謝全体に与える影響があまりよく知られていないということ。腸内のイオン交換がどうなるのか、よくわかっていない。子供に対して長期にわたって使うということだとその作用が十分にわかっていない。だから100Bq/kg以下の人に使うのは、反対です。もっと大きな人に、1週間とか10日間だけ使うというのであれば、賛成です。20~30Bqだったら新たに取り込まないほうが、勝手に排出されるからそのほうが早いと思っている。

 

子供たちを支援する施設でどのくらいのペースで甲状腺検査と心電図検査をやりましたか?

検査の頻度については、土壌汚染や体内被曝が大きいところでは、少なくとも3か月に一回。

 

木村さん:日本でもWBCを使って、事故現場から30km県内で測っていて、外部被曝で2mSV、土壌汚染数百万ベクレルから数千万ベクレルが散在していて、1万人近く調べているが、9割がたが20Bq/kg以下だという結論を出していて、食事さえ気を付けていれば、安心と結論している。

福島の半分以上は移住権利、移住義務ゾーンなのだが、子供たちがい続けている。移住の権利が認められなくなりそう。遮蔽の問題で、日本では低く出るのではないか。

 

20Bq/kgは低いとは言えない。その先生(早野教授)とは明日会うので、見てみたいと思う。WBCの制度の問題は、くだらない話。ゴメリでWBC研究は、まず自分が測った。そして危なくないと言っている役所と話をした。役所の人々にも測ってやると言った。ただ、彼らは言うには、機械を調整するために待ってくれと言った。

私の結果は60Bq/kg。お役所の机の上には、ベトカ地区のデータが置いてあった。20Bq/kgという測定が出ていた。私が60Bq/kgなのに!30分間機械を調整した後、彼らは私の結果を受け入れた。彼らが機械を低く修正していたのだ。

 

ここでコンピュータの電源切れ


早野教授からは、その後、バンダジェフスキー博士にメールが入り、「通訳はつけないで英語で直接会話したい」と言ってきたそうです。しかしバンダはロシア語とフランス語しか話せない。「たった一人のロシア語通訳に聞かれたくない話なのか?私はこんなに大勢の前で話しているのに」と博士は怒っていた。

その後、一応、早野教授とバンダジェフスキーは話し合いをしたそうだが、一番重要な10Bq/kgについて、早野氏は以下のようにごまかしの回答ツイッター

仲介者が30分で打ち切り合図.バ氏は構わず質問を続け,10Bq/kg以上は危険と,持論を述べる.10Bq/kg以上の子供は昨年春以来極稀と伝えるが,多分あまり納得していない.
 
これをみて、すかさず、私も早野氏に質問。もちろん返事は来ないが。
 
@hayano 早野さん、10Bq/kg以上は危険なのですよ。特に子供において。それでまれにしかいないと言って、「今までに」いったい何人出ましたか?少しくらい犠牲者が出てもいいとおっしゃるのですか?

 早野氏とバンダ博士のやりとりをいつもの工作員たちが、早野氏のことを褒めちぎっている。これだけでも早野氏の立ち位置が分かるまとめサイト→

http://togetter.com/li/537667


その他にもバンダ氏を誹謗中傷しているサイトを、御用学者と取り巻き工作員が立ち上げている!ありえないマナー違反だ。国際問題に発展してもおかしくないと思っている!!(怒)

→http://togetter.com/li/536772
 
最後にもう一枚、記念写真


 博士は被曝の影響もあり、体調が思わしくありません。今回の講演会も45分ごとに休憩を入れるという条件付き。やはり時折、すごい疲れた表情をされます。

しかし、自分の言いたいことを話すとき、目が輝き、身振り手振りを入れて、前のめりになって話す。博士のエネルギーはすごいものがあると感じました。

(主催の木下さんもどうもお疲れ様でした。)


ところで、このページをツイート拡散するには、tの文字にカーソルを当てるとブルーに変わるので、それで押せばOKです。。。
          ↓