2013年8月31日土曜日

Health hazards of Fukushima family right after the accident郡山市出身のある方からの健康被害報告(UNSCEAR国連科学委員会と国連人権理事会に英訳提出済み)


Japanese text followed by English text, which had been submitted to UN Human Rights Council in 2012 November and UNSCEAR in June 2013. 

原発事故当時とその後の体調不良について 
(日英、国連に提出済みだが返事はない)

 
私たち一家(夫婦と子ども一人)は、東日本大震災が発生した2011311日、福島県郡山市に住んでいました。福島第一原発が次々と爆発していた間、それを知らずに公園で給水車の列に並び、食料を求めて街を歩きまわっていました。隣近所の人、一緒に給水車に並んだ人々、食品を売ってくれた商店の人たち、親戚たち、みんな爆発の事実を知りませんでした。その後、「どうやら、浜通りの原発に何かあったらしい」という噂が流れ、何が起きたのかはっきりしないうちに、機動隊や東京消防庁などが原発に水をかけて鎮めているところがテレビに映り、なし崩し的に爆発があったことがわかりました。

事故当時、一家3人に体調不調が始まりました。喉の腫れ、喉の痛み、強烈な偏頭痛、目の充血、下痢、鼻血、筋肉の引きつり、痙攣をともなった心臓の強烈な痛み、同時に起きる全身症状です。3月26日あたりと記憶していますが、原子力保安院で健康相談を開始したとのニュースを見て、電話をしました。一家そろって起きた症状を相談すると、「喉が痛いのは感染症です。一家そろってであれば、感染症に間違いありません。早く病院に行って、お医者さんから感染症の診断書をもらってきなさい」の答えでした。ろくに話も聞かずに、感染症、感染症と繰り返し、質問を続けると「放射能の健康への影響は、5年後に始まる子どもの甲状腺がんだけです。それ以外のことは起きません」との答えでした。

そして、その直後、長崎医大の山下教授が福島県にやってきました。福島県の放射線アドバイザーとなり、「放射能を正しく怖がりましょう。デマや放射能をむやみに怖がる人たちの言葉に惑わされないように」と、福島市や郡山市など県内各地で講演会を始めました。各戸に無料で配られるタブロイド版の新聞(フジサンケイリビング)にも、第一面に大きく、「放射能を正しく怖がろう」と山下教授のインタビュー記事が載りました。

 4月中旬、私は福島県庁の相談係に電話をしました。「心配ありません。年間20mSvでは、健康に影響が出ません。ICRPによれば、100mSvでも、その影響はわずかだと言います。癌の発生率が0.5%上がるだけです。安心してください。ICRPが国際基準をつくる国際組織なのだから、安心して信頼できますよ」と県庁の人になぐさめられました。この人は、こちらの質問にスラスラ答えたわけではなく、すぐに言葉に詰まってしまい、「ちょっと待ってて」と、何度も上の人に答え方を聞きに電話から離れます。電話を待つ間、同じ部屋で次々と電話が鳴って、ほかの職員が対応に出ている様子が聞き取れました。「心配しないで」「大丈夫」「安全です」と職員の人たちが繰り返し繰り返し言っていました。

このころ、郡山市の公民館や町内会の集会所、商工会議所などで、大学の先生や、大きな病院の医師が放射能講座を開いていました。案内チラシを読むと、「放射能はそれほど恐れるものでもない」という内容の講座でした。

結局、私たち一家は、東京に避難しました。同じ避難所にいた人も、保安院に電話をしてそっくり同じ対応をされたとの話を聞きました。東京で催される福島から避難した人々の集いでも、いろいろな市や町からの人と話をしましたが、数多くの人がなにがしかの体調不良を持っていました。大人は持病の悪化が格段に多く、子どもは鼻血と嘔吐、下痢でした。持病の悪化、急な入院、持病の手術、精神的な不安定など本当に多様です。他に橋本病と診断を受けた人もいます。

ところが、同じ避難所にいた人で、宮城、岩手からの人に尋ねましたが、このような症状はありませんでした。

事故当時、私たちが経験したのは、異常な冷え、顔の皮膚のヒリヒリ感、喉・鼻・目のヒリヒリとした痛み、鼻血、目の充血、嘔吐、腹痛、腹痛、極度の食欲不振、歯茎からの出血、心臓の痙攣のような激痛、偏頭痛、大きな紅斑、全身の痛み、腰痛などです。

事故後は、倦怠感、血圧の上昇、飛蚊症、爪の変形、頭痛、疲労、鼻血、下痢、手の震え、足や腕に水泡のようなもの、だるさ、倦怠感、極端な物忘れ、血圧が非常に高くなる、左足大腿部の激痛、筋肉の硬直や引きつり、胸の痛み、頭髪の脱毛、切りキズで大量に出血、爪の変形、心臓の痛み、筋肉痛、手足のつりなど、中枢神経症状、病気と呼ぶには小さいけれども、いちどきに同時に体験する症状でした。

こうした症状は、たいてい震災によるストレスと言われます。実際、原発事故以降に起きたことは大変なことばかりで、精神的苦痛のあまりにさまざまな症状が出ていると思っていました。 

しかし、精神的ストレスでは説明がつかないこともあり、自分でいろいろ調べてみました。チェルノブイリ事故直後の健康被害の記録、これは長い間ソ連政府によって秘密にされていました。この文書には、事故直後たくさんの人々が体に変調をきたして病院に運び込まれていた状況が記録されていました。さらに、事故後25年後のベラルーシや、ウクライナの報告書。これらに記載されている健康問題を知り、自分たちの身に起きていることが放射能と関わりを持つことがわかってきました。 

昨年末、ホールボディカウンターで一家3人の内部被ばく量を測ったところ、危険領域に入る数値が出ました。キログラムあたり、50Brに近い数値でした。私たちは事故から1か月半後に東京に避難し、郡山と東京を行き来していました。子どもは、郡山に帰るたびに、鼻血を出しました。

その郡山市や、同じ中通りの福島市や二本松市,伊達市など、放射線の年間被ばく量が軽く1mSvを越える地域に、ずっと住み続けている人たちが100万人以上いるのです。

子ども、妊婦さん、赤ちゃんの内部被ばく量が、とても心配です。

また、福島市在住の子育て中のお母さんから直接聞いた話があります。ホールボディカウンターは、どれも順番待ちなので、待ちきれず3つの場所に申し込みをしたそうです。その結果、偶然ほぼ同じ時期に、違う場所で続けて測ることになりました。初めに民間の測定所。その翌日は、県の測定所。一週間後が、隣の市の市民病院です。民間の測定所での結果は一番数値が高く、次が市民病院でした。しかし、この二つの施設の数字にはそれほど開きはありませんでした。ところが、県の測定所では不検出でした。彼女の友人も、県の測定所では不検出でしたが、市民病院では数値がでました。

高齢者は、持病の悪化、認知症の進行、急な死亡が増えています。子どもたちの間にも、喉の異常や、放射能関連死と思われる死亡が起きています。(中手聖一さんの資料と福島県の甲状腺異常の資料添付)

私たちは、自分たちの経験から、これ以上放射能に汚染された地域で人々が暮らし続けると、とんでもない事態を招くことになると予測しています。この翻訳をしてくれる竹野内さんも、お子さんを連れて避難しています。原発の爆発事故一か月後くらいから発熱や咳などの症状で3か月母子とも体調を壊したと言います。

福島県内を視察した外国からの医師たちも、同じ見解です。(IPPNWの見解を見てください)

国と県は、20mSv/年で健康に問題は起きないとしていますが、実際は、県内各地(浜通り、中通り)で、体の不調を感じている人はたくさんいます。しかし、放射能について口にできない社会的な圧力のために、どこにも訴えていくところがありません。誰もが、人間として健康に生きる権利を持っています。恐怖と不安の中で暮らすことを強いられている今の状態は、人権侵害そのものではないでしょうか。体調不良を気のせい、ストレスのせいとして正当な治療や療養を受けさせないでいるのも、人権侵害です。

福島の子どもたち、大人たち、そして赤ちゃんと妊婦さん、一刻でも早く安全な地域に避難するべきと考えます。







Fukushima Accident and Health Problems Afterwards

A citizen from Kooriyama
 

On March 11 2011, I was in Kooriyama city in Fukushima prefecture.  When Fukushima Daiichi nuclear reactors exploded one after another, I was waiting in line for water distribution truck and wondered around the town searching for food.  All my neighbors, people in lines, food shop owners, my relatives did not know anything about these explosions.  Sometime afterwards, a rumor was heard.  “Seems like there has been some accident in the nuclear power plant.”  Before we knew what was going on, TV showed a group of riot police and Tokyo Fire Defense brigades spraying water on nuclear reactors to control the accident, and then we came to realize that there had even been some explosions.

When the explosions took place, all the three members of my family started to show some symptoms.  Swollen throat and pain, severe migraine, red eyes, diarrhea, nose bleeding, tense muscle, strong pain around heart with convulsion…all these symptoms occurred at one time. 

When I heard of a news of the startup of a health consultation by the Nuclear and Industrial Safety Agency around March 26th, I made a phone call and asked about our familiy’s simultaneous symptoms.  Their answer was, “The throat pain is caused by some infection.  If all of your family members have throat pain, it should be some infection.  Go see a doctor fast and get a doctor’s medical certificate of some infections disease.”  They solely repeated, “some infectious disease” over and over, without listening to my story.  When I kept asking, their reply was, “The impact of health by radiation is only child thyroid cancer, which would emerge only 5 years after.  Nothing else would happen.”

Right after that, Professor Shunichi Yamashita from Nagasaki University came to Fukushima prefecture.  He became a radiation expert advisor and started lectures in Fukushima, Kooriyama and other places in Fukushima, saying, “Be aware of radiation in a right way.  Do not be mislead by demagogies and radiophobic peoples’ words.”  In the free tabloid newspaper, Fuji Sankei Living, distributed in each household, the headline banner said, “Be aware of radiation in a right way” along with the interview article by Professor Yamashita.

 In the middle of April, I made a phone call to a telephone consultant at Fukushima prefecture.  He consoled me saying, “Please do not worry.  20mSV would not cause any health impact.  According to ICRP, even 100mSV would cause a very slight impact, which is only 0.5% rise in cancer incidence.  Please feel safe.  You can trust ICRP since it is an international organization that established international standards.” This person did not speak fluently and instead, he seemed lost for words many times and left the phone to ask for something for his boss, saying, “Hold on a second.”  While I was waiting, I could hear many phones ringing in the same room, and other prefectural staff members were answering them.  All of them were saying the same words, “Do not worry,” ”It’s OK,” “It’s safe.”

At that time, University professors, doctors from big hospitals were holding radiation seminars at public halls, township gathering places, and chamber of commerce office.

After all, our family evacuated to Tokyo.  Other people who stayed in the same evacuation place told me that they were told the same things when they called the Nuclear Agency.  In the gatherings of Fukushima evacuees in Tokyo, I talked with many people from various cities and towns, and many of them had some sort of bad physical conditions.  In case of adults, deterioration of their chronic diseases was by far the most observed ones, while children had nose bleeding, vomiting and diarrhea.  Sudden hospitalization, necessity of operation on chronic disease, mental instability and all sorts of things were heard.  Some people were diagnosed as Hashimoto thyroid disease.  

However, when I asked evacuees from Miyagi and Iwate prefectures, I have never heard of these symptoms.

At the time of the accident, what we experienced were, abnormal chilling, irritation of face skin, soreness of throat, nose, and eyes, nose bleeding, red eyes, vomiting, stomach pains, extreme loss of appetite, gum bleeding, strong pain of heart with convulsion, migraine, erythema, back pain and whole body pain, and so on.   

Sometime after the accident, we experienced sluggishness, rise of blood pressure, eye floater, nail deformation, headache, fatigue, nose bleeding, diarrhea, shaky hands, blisters on legs and arms, malaise, extreme forgetfulness, sharp rise of blood pressure, acute pain of left thigh area, muscle stiffness and cramp, heart pain, loss of hair, massive bleeding from cut, heart pain, muscle pain, central nervous system disorders.  Each single example seemed to be a minor trouble, but many of these symptoms came at one time.

All these symptoms were always attributed to stress triggered by the disaster.  There may have been some symptoms due to severe mental pains caused by many hardships from the nuclear accident.  However, there have been many symptoms that cannot be explained solely by mental stress, so I made some research. 

Health records right after Chernobyl accident was kept secret by the Soviet Government for a long time.  In the secret documents, there were records of numerous number of people carried into hospitals due to physical abnormalities.  I also went through Belarusian and Ukranian reports 25 years after Chernobyl.  After I read these health problems, I came to realize that what was happening to ourselves was related to radiation.

At the end of 2011, I measured the internal radiation dose of our family by whole body counter, then the figures were nearly 50Bq/kg, which was in the range of caution.  I evacuated to Tokyo one and half months after the accident and since then, I went back and forth between Kooriyama and Tokyo.  My son always had nose bleeding whenever we went back to Kooriyama.

There are more than one million people still living in areas well over 1mSV/year such as in Kooriyama, Fukushima, Nihonmatsu, Date city.  I am very concerned about internal dose of children, pregnant woman and babies.

I also heard a story from a child rearing mother from Fukushima city.  She applied for three places for waiting list for whole body counter measurement. As a result, she was able to measure at two different places almost at the same time.  1st place was privately owned place and the 2nd place was a prefectural place. The figure was highest at the privately owned place and the second high was the city hospital, and there was not much difference between the first and second places.  But the prefectural place showed ND-Not Detectable.  Her friends also said their figures were ND at the prefectural place but they got some positive figures at the city hospital.

Among the aged, the cases of aggravated chronic disease, cognitive impairment, and sudden death is increasing.  Even among children, throat abnormalities and death that might be related to radiation is occurring.

Through our experiences, we predict that a grave situation would take place if people continue living in the contaminated areas any longer.  Doctors from IPPNW who visited Fukushima has the same opinion.  Mari Takenouchi, the translator of this document also escaped with her son.  Even though she was from Tokyo, both she and her son had health problems.  

The government and the prefecture states that there will be no health problem up to 20mSV/year, but there are many people who are suffering from some health problems in various areas in Fukushima.  However, due to the social pressure under which people cannot speak out their thoughts, they have nowhere to appeal. 

Every human being has the right to live.  I think it is an infringement of human rights if the government attributes people’s health problems solely to stress and give no proper health care and treatment.

I strongly believe that people in Fukushima, especially babies, children and pregnant women should be evacuated at the earliest possible timing from Fukushima.

 

2013年8月29日木曜日

Mr. President, please dispatch medical team to Syria instead of launching missilesシリアにはミサイルでなく医療チームを!

 
Mr. President Barack Obama
オバマ大統領へ

It was such a sorrow to hear the news about your intention to launch missiles to already devastated Syria. 
 
すでに厄災に見舞われているシリアにミサイルを撃ち込む計画であるという大統領のニュースを聞いて、大変悲しく思っています。

If there are a number of people who have been suffering from chemical weapon's attack, launching missiles will obvisoulsy result in casualities.

化学兵器の攻撃を受けて苦しんでいる人々が数多くいるのならば、ミサイルを撃ち込むことは、明らかにさらなる死傷者を生み出します。

If you target chemical weapon facilities, then the chemical agents could spread the surrounding areas, harming more people.  Accidental bombing would kill further people.  Bombing some infrastructure could paralyze the function of hospitals and distributing daily necessities.

化学兵器工場をターゲットにするなら、化学物質が近隣に飛散し、人々を負傷させるでしょう。
誤爆が発生すれば、さらなる死者が出るでしょう。
破壊されるインフラによっては、病院機能やまた日常品の供給に支障をもたらすでしょう。

Mr. President, please please do not make another mistake.
大統領殿、どうぞ新たな間違いを犯さないでください。

The use of Agent Orange by the US in Vietnam left millions of babies and children suffering from the effects even now.
米国によるベトナムにおけるエージェントオレンジ(枯葉剤)の使用は、今日でも何百万人ものベトナムの子供や赤ちゃんを苦しめています。

The attack on Iraq created so much suffering among innocent people especially children including the effects of depleted uranium.
イラクにおける攻撃は、多くの無辜の人々に苦しみをもたらしました。劣化ウランの影響で特に子供たちにもです。

The attacks on Hiroshima and Nagasaki still sufferes many survivors including their 2nd and 3rd generation.
広島や長崎への攻撃は、今でも被曝者、および二世や三世にまで苦しみを与えています。


I think it is time for the US to look at the history straight and refrain from cruel actions against people in other nations, and instead truly helping general public, not aiming for profits through military-complex.
今こそ、米国は、歴史を正面から見つめなおし、他国における人々に対する残虐行為から足を洗うべきではないですか?

軍産複合体の利益でなく、真に一般庶民を助けることを目的とするべきではないですか?

In the information age where everybody can have the access to the internet, so many people in the world can be watching what is really going on.

誰もがインターネットにアクセスできるこの情報化の時代、多くの人々が、何が実際に起きているかを見ることができます。

For the sake of the US, yourself and your wife, and your two beautiful daughters, please do not commit a crime against humanity.

米国のためにも、貴方の奥様、美しい二人のお嬢様たち、そしてあなた自身のために、人道に対する犯罪を犯さないでいただきたいと思います。

Best regards,

Mari Takenouchi
journalist
 
竹野内真理
ジャーナリスト



シリアの件、全く理解不能だ。化学兵器が使われて苦しんでいる人が大勢いるなら、医療チームを派遣することしか考えられない。なぜただでさえ大変な国にミサイル攻撃をするのだろう?意味不明。同じことをされたら?と想像してほしい!

ついでに日本も原発による放射能兵器を使われたと同様の状態だ。
 
やる事多いけど、これも言わずにはいられません!急いで書いた!

同意見の人は拡散お願いします。
tのところにカーソルを持っていくと文字が青色に変わり、ツイッターで拡散できます。↓

 

2013年8月20日火曜日

166 Thyroid cancer kids in Fukushima! 166人の甲状腺がんでもいまだ放射線の影響否定! リンパ節や肺がん転移はニュースにならず

Updated Feb, 2016

166 thyroid cancer among Fukushima kids now!
Relation with radiation still being denied!
福島子供甲状腺がん及び疑い166人!(いまだ被曝と関連付けず)
甲状腺がん、数十倍:毎日新聞 罹患率は全国平均の数十倍

Updated Dec, 2015
152 thyroid cancer among Fukushima kids!甲状腺がん悪性・悪性疑い152人〜福島県民健康調査 https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/142142.pdf
症例(リンパ節転移、甲状腺外浸潤、遠隔転移等の割合も)

Updated Feb, 2015

福島の甲状腺がんの子どもは現在118人!なぜ国民全体が騒がないのか、理解できません。

Now 118 thyroid cancer and suspected cases among Fukushima kids!  I wonder why all the peopla in Japan have not made any fuss over this extremely serious situation!

福島県の最新資料(Latest Fukushima data in Japanese)
pref.fukushima.lg.jp/site/portal/ke


Dec 25 Updated! 112 Thyroid cancer kids in Fukushima! 日経やNHKまで112人の甲状腺がんを報道! 

On Dec 25th, finally, NHK, the shameful public Japanese TV broadcasted thyroid cancer kids news in Fukushima!! But NHK still says, "hard to think they were caused by radiation!" Bullshit!! This should be a histrical crime! There are even children who got cancer metastasis even in their lungs in Fukushima!http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/08/2-thyroid-cancer-fukushima-kids-had.html 

In addition, causal relationship CAN be identified through 7Q11 GENE test!http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/09/a-fukushima-teenager-found-to-have-lung.html

 
12月25日、とうとう「隠蔽放送局NHKまで」112人の甲状腺がんのニュースを放送。ところが、いまだに因果関係考えにくいとうそぶいている!ありえない!子供たちの健康や命を犠牲にして!肺転移の子供まで見られる中で!(http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/08/2-thyroid-cancer-fukushima-kids-had.html
2011年に発表された7q11遺伝子検査で被曝の影響かどうかわかる時代なのに!http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/09/a-fukushima-teenager-found-to-have-lung.html
歴史に残る犯罪と言える。
********************

子供4人、甲状腺がん疑い 原発事故直後「異常なし」Additional 4 kids suspected as thyroid cancer though they were not found any abnormality in the 1st round test.
Nikkei 2014/12/24 2:00

   福島県の子供を対象に東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べる甲状腺検査で、事故直後の1巡目の検査では「異常なし」とされた子供4人が、4月から始まった2巡目の検査で甲状腺がんの疑いと診断されたことが23日、関係者への取材で分かった。
 
4 Fukushima children who were found no abnormality in their thyroid test after Fukushima Daiichi accident were found to have suspected thyroid cancer in the 2nd round of test started in April 2014.

 25日に福島市で開かれる県の検討委員会で報告される。調査主体の福島県立医大は確定診断を急ぐとともに、事故による射線の影響かどうか慎重に見極める。

This will be reported in the review committee in Fukushima city on Dec 25th.  Fukushima Medical University will hastely diagnose the suspected cases and will carefully determine whether the cancer was caused by radiation or not.

 

 検査の対象は1巡目が事故当時18歳以下の約37万人で、2巡目は事故後1年間に生まれた子供を加えた約38万5千人。1次検査で超音波を使って甲状腺のしこりの大きさや形状などを調べ、程度の軽い方から「A1」「A2」「B」「C」と判定し、BとCが血液や細胞などを詳しく調べる2次検査を受ける。

The subject of the test was 370,000 Fukushima children under 18 years old at the time of the accident and the second test will be conducted on 385000 children including those who were born one year after the accident. 

Through ultrasonic echo machine, cysts/nodules size and form are checked and classified as A1, A2, B and C and children under the categories of B and C go through the 2nd test for blood test and biopsy.

 

 関係者によると、今回判明したがんの疑いの4人は震災当時6~17歳の男女。1巡目の検査で「異常なし」とされていた。4人は今年4月からの2巡目検査を受診し、1次検査で「B」と判定され、2次検査で細胞などを調べた結果「がんの疑い」と診断された。

According to the source, the additional 4 thyroid cancer suspected cases for the 2nd round of test were 6 to 17 years old at the time of the disaster.  The 4 children went through the 2nd round of primary test since April 2014 and were diagnosed as B.  As the result of 2nd test with biopsy, they were diagnosed as "suspected cancer." 

 

 また、1巡目で、がんの診断が「確定」した子どもは8月公表時の57人から27人増え84人に、がんの「疑い」は24人(8月時点で46人)になったことも新たに判明した。

In the 1st round of test, the number of thyroid cancer kids were increased from 57 to 84 and suspected case became 24. 

 

〔共同〕

Kyodo News Agency


**********


2014年夏の最新のニュースは肺転移


悲しいニュースが流れました。福島の甲状腺がんの子供で肺に転移した子どもが二人も出たと言うのです。

I heard a very sad news today through Kyodo News Agency.  There have been 2 Fukushima thyroid cancer kids who got metastasis in their lungs.

私は原発事故直後からずっと、子供と妊婦の移住を訴えてきました。

I have been calling for evacuation of kids and pregnant women since right after Fukushima accident.

いくら食べ物に気を付けても、呼吸はせざるを得ず、自分も東京における3月15日の初期被曝で咳が出続けましたし、私が最も恐れていたのは肺がんだったからです。

No matter how careful you are on what you would eat, nobody can stop breathing.  I myself had persistant coughing after March 15 radiation exposure in Tokyo and what I was afraid most was lung cancer.

2011年秋、1日だけ福島を訪れたことがあります。その時、福島では女性の駅伝大会のポスターが張られ、宣伝されており、私は背筋が凍りました。

I visited Fukushima just one day in autumn 2011.  That day, my spine got frozen by seeing  advertising posters of Women's Marathon Race in Fukushima.






その後も放射線管理区域と同等以上の線量の場所で、子供たちのマラソン大会が行われていました。

NHKなどの公共放送が、甲状腺がんの発生には一つも触れず(なぜかNHK国際では触れましたが、国内の放送では全く触れません)、福島の子供たちの屋外での運動会や果物狩りを盛んに宣伝しています。


 

After that, I got to know that even children's marathon races were being held in areas with doses equivalent to radiation control areas. 

NHK, Japanese public TV station, never touches upon the thyroid cancer incidence in Fukushima (though they did in NHK international, they never did in domestic programs), and instead, keeps covering children's outside sport festivals and fruit-picking in Fukushima.

国は福島への住民の帰還に向けたプログラムを勧め、このような大事なニュースは決して公共放送のNHKなどではやりません。

NHK shows programs which encourage residents in contaminated areas to go back their home town, and they never show this kind of serious issues.

一方、私は福島に子供を居させ続けることは人体実験とツイートで発言しただけで、福島に人々が住み続けることを推奨する団体から刑事告訴を受け、その後もネット上の嫌がらせ者からの脅迫が絶え間なくあります。

Meanwhile, I was even criminally accused by a leader of ETHOS, a Fukushima NGO which encourages residents to keep living in their homeland, and have been threatened by countless internet obstructors.

自国の子供たちを見捨てるような政府やマスコミは、完全に狂っています。

I truly believe any government or media which ignores their own people's children's health/lives is insane.

ちなみに安倍首相はNHKチーフプロデューサーからの政治献金隠しで最近、刑事告発を受けましたが、NHKはこの大事なスキャンダルをも無視ています。

http://takenouchimari.blogspot.jp/2014/08/pm-abe-tried-to-hid-donation-from-nhknhk.html

In addition, recently, Prime Minister Abe was criminally accused for covering up the political donation from NHK Chief Producer, but NHK has been ignoring this important scandal.

http://takenouchimari.blogspot.jp/2014/08/pm-abe-tried-to-hid-donation-from-nhknhk.html


私はこのことを世界の人に知ってほしいです。

I want these facts to be known among all the conscious citizens in the world.


Now French available at
http://www.fukushima-blog.com/2014/10/des-metastases-aux-poumons-retrouves-chez-des-enfants-de-fukushima-atteints-de-cancer-de-la-thyroide.html


***************************
From Kyodo News

福島県立医大の鈴木真一教授は28日、東京電力福島第1原発事故を受け福島県が実施している甲状腺検査で、がんの疑いが強いと診断、手術した子供の具体的な症例を横浜市で開かれた日本癌治療学会で報告した。

On August 28 at the Japan Cancer Treatment Society, Professor Shinichi Suzuki from Fukushima Medical University reported concrete examples of children who have or suspected to have thyroid cancer throught the Fukushima prefectural thyroid examination after Fukushima Daiichi accident. 

 がんは原発事故の影響とは考えにくいとの見方を示した上で、過剰診断や必要のない手術との声が上がっていることに触れ「基準に基づいた治療だった」と強調した。

After explaining his perspective showing that the possibility of the nuclear accident influence is little, he stressed, "his treatment was in accordance with the standard." 

 福島県の甲状腺検査は震災発生当時18歳以下の約37万人が対象。これまで甲状腺がんと確定した子供は57人、「がんの疑い」は46人に上る。子どもの甲状腺がんが急増した1986年のチェルノブイリ原発事故と比較し、鈴木氏は「症状も年齢分布もチェルノブイリとは異なる」とした。

The subjects of the thyroid examination is 370,000 children under 18 at the time of the accident in Fukushima prefecure.  The confirmed cases are 57 and suspected case are 46.  Compared to the 1986 Chernobyl nuclear accident, Professor Suzuki said, "Both the symptoms and age distributions are different."
 
 がんの57人のうち県立医大が手術した54人について、8割超の45人は腫瘍の大きさが10ミリ超かリンパ節や他の臓器への転移などがあり、診断基準では手術するレベルだった。2人が肺にがんが転移していた。

As for the 54 thyroid cancer patients who went through the surgery at Fukushima Medical University out of the 57 (translators; which means only 3 had surgery outside of Fukushima Medical University), more than 80% had cancer size larger than 10mm or metastsis to lymph nodes or other organs, which needed surgery.  2 had metastasis in their lungs.

 残る9人は腫瘍が10ミリ以下で転移などはなかったが、7人は「腫瘍が気管に近接しているなど、手術は妥当だった」。2人は経過観察でもよいと判断されたが、本人や家族の意向で手術した。

The remaining 9 had cancer size less than 10 mm without any metastasis.  But according to Prof. Suzuki,  "7 had cancer adjacent to the resparatory tract and conducting surgery on them was right decisions."  The remainig 2 could wait for surgery by follow up observation, but they received the surgery based on the will of the patient and his/her families.  

 手術した54人の約9割が甲状腺の半分の摘出にとどまった。

90% of the patients had their thyroid extracted only half.

 福島の甲状腺がんをめぐっては一部の専門家から「手術をしなくてもいいケースがあったのではないか」との指摘があり、患者データの公開を求める声があった。

As for the Fukushima thyroid cancer, some experts asked, "Weren't there any cases where no surgery was needed?" and the call for disclosing the patients' data was mounting.

**************

子どもと妊婦を避難させる6か国語署名にご協力を!
Evacuate kids and pregnant women!


Sign 6 language petition!


(English/Japanese/French/Chinese/Spanish/Italian)! 

以下の英日中仏西伊の署名を拡散ください!

 English petition:http://www.change.org/en-GB/petitions/to-government-of-japan-and-citizens-of-the-world-please-evacuate-fukushima-kids-and-pregnant-women?lang=en-GB&utm_content=buffer11073

日本語署名 Japanesehttp://www.change.org/ja/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3/to-government-of-japan-and-citizens-of-the-world-please-evacuate-fukushima-kids-and-pregnant-women?utm_content=buffer11073&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer

 *****

From Our Planet TV

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1821

上記URLより転載、これから英訳をつけます。

English translation to be followed.
投稿者: ourplanet 投稿日時: 金, 08/22/2014 - 05:12

 
東京電力福島第1原発事故の健康影響を調べている福島県の「県民健康調査」の検討会が24日、福島市内で開かれ、甲状腺がん悪性と診断された子どもは、悪性疑いも含め103人になった。すでに手術を終え、甲状腺がんと確定した子どもは57人に達した。

On August 24th, Fukushima prefectural health survey meeting was held in Fukushima city, and it was reported that there are 103 thyroid cancer kids including the suspected cases.  There have been already 57 kids who already had surgery with confirmation of cancer.

 
2011年秋から開始している福島県内の甲状腺検査。福島県内のすべての地域で1回目の検査を終了し、事故当時18歳以下36万人のうち約8割に約29万6000人が受診した。

県内では最も遅い時期に一次検査を実施した会津地域の2次検査結果も8割以上が判明し、2次検査の穿刺細胞診で悪性または悪性疑いと診断された人は104人となった。

そのうち、すでに手術を終えたのは58人で、一人は良性結節だったものの、乳頭ガンが55人、低分化がんが2人と確定した。

As for the thyroid examination started in fall of 2011 by Fukushima prefecure, 80% of the 360,000 minors under 18 years old at the time of accident, the total of 296,000 have gone through the examination.

In Aizu area where the examination started last had 80% results of the secondary test. 

And the total of 104 kids were diagnosed as malignant cancer or suspected cancer through the needling biopsy.

58 kids already went through the surgery and one was found to have benign nodule, but 55 had papillary carninoma and 2 had anaplastic cancer.

 
福島県立医大は今回、地域別の発症率を算出した。それによると、悪性および悪性疑いの割合は、県全体で10万人に30人。地域別では浜通りでは35.3人、中通りで35.4人、会津で27.7人となった。

Fukushima medical university calculated the thyroid cancer rate in each region of Fukushima.  According to that, there are as many as 30 thyroid cancer kids in 100,000 in Fukushima as a whole.  There are 35.3 in Hamadori (coastal area close to Fukushima Daiichi) and 35.4 in Nakadori (central area in Fukushima) and 27.7 in Aizu (mountaneous area in the west).

1991年から1996年まで、チェルノブイリの汚染地域で甲状腺がんのスクリーニング検査を行った長崎大学のデータによると、ジトーミル州のコロステンで10万人に31人、キエフで22人とされており、福島の結果はチェルノブイリの汚染地域に匹敵する割合となっている。

According to the data in Nagasaki University which conducted screening test on thyroid cancer in contaminated areas in Chernobyl, there were 31 out of 100000 in Korosten in State of Zhytomyr and 22 in Kiev in Ukraine. 

The result shows similar rate of that of contaminated areas in Chernobyl.
 

 

高村昇(長崎大学原爆後障害医療研究所)「チェルノブイリ原子力発電所と 健康影響」(2013年6月24日)
http://www.jrsm.jp/shinsai/kouen-1_takamura.pdf
 
検査開始当初は、100万人に2〜3人とされていた子どもの甲状腺がん。検討会では、スクリーニング検査による過剰診断との声も上がる中、星座長から「甲状腺検査に関する論点整理」と題する中間まとめが出され、検査の目的や検討会の役割について再検討すべきではとの問題提起があった。これに対し委員からは、被曝の影響かどうかを解明する必要があるとの意見が出た一方で、あくまでも子どもたちの健康を見守る検査であるべきだとする慎重論も出た。春日委員が、福島県立医大の医師を除いた形で、一度、調査のあり方や結果の評価について検討すべきと提案し、了承された。
 
記者会見・前半

 
記者会見・後半

 
資料:
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/21045b/kenkocyosa-kentoiinkai-16-si...
 
なおOurPlanetTVでは、福島県立医大の区分け及びUNSWEAR(国連科学委員会)の線量評価を参考に福島県を10の地域に分けて、人数割合を算出した。
 

  
 
UNSCAER 2013和訳版 P30 「事故後1年間の成人の実効線量」

UNSCAER 2013 P187「事故後1年間の1歳児の甲状腺等価線量」
http://www.unscear.org/docs/reports/2013/13-85418_Report_2013_Annex_A.pd...
 
関連ニュース
2014年6月12日
リンパ節転移が多数~福島県の甲状腺がん
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1793
2014年5月16日
甲状腺がんの子、疑い含め89人に〜福島県民健康調査
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1778
2014年3月2日
「甲状腺検査は過剰診療か」がん増加で激論〜福島健康調査
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1735
2014年2月24日
福島の甲状腺がん「放射線影響ではない」〜国際会議
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1732
2014年2月21日
「甲状腺がん、放射線の影響か」国際会議で議論はじまる
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1731
2014年2月5日
甲状腺がん悪性・悪性疑い74人〜福島健康調査
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1727
2013年12月21日
「100ミリ以下はがん増えない」誤り〜専門家会議で一致
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1706
2013年11月26日
福島健康調査・甲状腺検査評価部会
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1686
2013年11月12日
福島県検査で甲状腺がん58人~最年少は8歳
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1674
2013年8月21日
甲状腺がんデータに大幅ミス〜福島県民健康調査
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1633
2013年8月20日
甲状腺がん悪性、悪性疑い43人〜福島県民健康管理調査
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1630
2013年2月13日
福島県甲状腺検査~3人が甲状腺がん、7人悪性疑い
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1532
2012年9月15日
甲状腺の検査改善求め~市民が県立医大に要望
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1441

*******************************
 
 

 

2013年の竹野内の書いた記事より

福島・甲状腺ガンと疑いが44例!
44 thyroid cancer and suspected cases among Fukushima children! 
(43名という数字は、がんの疑いで手術をした後に良性が判明した子供が1人いたのを引いたから。44名中1人という事で、疑いの例は極めて高い確率でがんであると言ってよい.
There was one child who went through surgery and found out to have a benign one, so the total number is 43.  Considering that only one out of 44 had a benign one, suspected cases are mostly considered as cancer cases.)



5月27日の統計では、悪性及び悪性の疑いで27例だったのが、7月31日の統計では44例に増加。

23年度が14例(男5、女9)、24年度が30例(男13、女17) 被曝時最少年齢6歳

As of May 27, 2013, there were 27 cases and it was jumped to 44 in about 2 months.

14 cases in 2011 (5 boys and 9 girls) and 30 cases in 2012 (13 boys and 17 girls)

The youngest one was 6 year old.



一次検査176882人中、今回44人のがんとがんの疑い、しかし二次検査受診人数が1167人中768人しか済んでいないことを考えると、割合で単純計算すると、176882人中66人となるであろう。そうすると、1万人に3.7人すでに出ていることになり、これは大変な数値である。

The 44 was out of 17668, but considering that only 768 children out of 1167 went through the 2nd exam, in proportional calculation, there should be around 66 cases out of 176882, which is approximately 3.7 out of 10000 children.

This is quite a high rate already!


福島子供甲状腺検査2013年7月31日結果
Fukushima children thyroid examination result as of July 31st, 2013


平成23年度 県内実施対象市町村 Results by Municipalities in 2011



 


一次検査実施人数(a)

No. of 1st exam

implementation


二次検査対象人数
(b)
Subject to 2nd exam


二次検査実施人数

Actual No. of 2nd exam implementation


二次検査率
(%)(b/a)
Rate of 2nd exam implementation


悪性、悪性疑い
c
Cancer/

Suspected

cases


悪性、悪性疑い一次検査実施率
(%)c/a
Rate of cancer and suspected cases


川俣町Kawamata


2231


8


8


0.4


2


0.09


浪江町Namie


3207


25


20


0.8


1


0.03


飯館村Iidate


940


6


6


0.6


0


0.00


南相馬市MInamisoma


10581


52


45


0.5


2


0.02


伊達市Date


10621


50


44


0.5


2


0.02


田村市Tamura


6396


33


24


0.5


3


0.05


広野町Hirono


796


4


2


0.5


0


0.00


楢葉町Naraha


1088


5


4


0.5


0


0.00


富岡町Tomioka


2179

11


7


0.5


1


0.05


川内村Kawauchi


267


4


4


1.5


1


0.37


大熊町Okuma


1906


12

7


0.6


1


0.05


双葉町Futaba


903


3


2


0.3


0


0.00

葛尾村Katsurao


180


1


1

0.6

0


0.00


その他Others


34


0










合計


441296


214


174


0.5


13


0.03



*1 一次検査実施者は、県内および県外検査の受診者を合計した人数


1. The first exam was the total number of residents who reside in and outside of Fukushima after the accident.


*2 細胞診結果において悪性疑いで手術後良性であった1例は含めない


2. One case where the malignancy was suspected after the cytodiagnosis and was found out its benignant after the surgery was excluded from No. of cancer/suspected cases.


*3 その他は、国が指定した警戒区域等避難区域市町村以外で、学校等において甲状腺検査を受けた人数


3. Ohters are those from outside of Exclusion zone and who conducted the examination at schools etc.



 


平成24年度 県内実施対象市町村 Results by Municipalities in 2012



 


一次検査実施人数

No. of 1st exam

implementation


二次検査対象人数

Subject to 2nd exam


二次検査実施人数

Actual No. of 2nd exam implementation


二次検査率

Rate of 2nd exam implementation


悪性、悪性疑い

Cancer/

Suspected

cases


悪性、悪性疑い一次検査実施率

Rate of cancer and suspected cases


福島市Fukushima


46805


273


242


0.6


11


0.02


二本松市Nihonmatsu


8675


53


40


0.6


4


0.05

本宮市Motomiya


5154


28


22


0.5


3


0.06


大玉村Ootama


1357


7


7


0.5


1


0.07


郡山市Kooriyama


50997


443


182


0.9


8


0.02


桑折町Kuwaori


1803


12


9


0.7


0


0.00


国見町Kunimi


1369


15


12


1.1


0


0.00


天栄村Tenei


860


6


5


0.7


0


0.00


白河市Shirakawa


11012


63


46


0.6


2


0.02


西郷村Nishigo


3619


30


23


0.8


1


0.03


泉崎村Izumizaki


1148


5


4


0.4


0


0.00


三春町Miharu


2446


15


0


0.6


0


0.00


いわき市Iwaki


341


3


2


0.9


0


0.00


合計Total


135586


953


594


0.7


30


0.02


 


 


 


 


 


 


 



*1 一次検査実施者は、県内および県外検査の受診者を合計した人数


1. The first exam was the total number of residents who reside in and outside of Fukushima after the accident.

*2 福島市以外は、まだ検査開始早々で受診率が低いため表記していない。

2. Except Fukushima, cancer rates are blank due to low rate of 2nd exam implementation.

*3 早期に診察が必要と判断した方については優先的に二次検査を実施

3. For those who show early diagnoses are needed at the 1st exam, the 2nd exam is implemented with priority.

 以下が国連に書いた手紙(関連情報を世界の良心的科学者に送付中)

Secretary General of the United Nations
 
Today, there was a new announcement on Fukushima kid thyroid exam result from Fukushima prefecture.
Now there are already 44 cases of cancer and suspected cases, jumped from 27 compared to 2 months ago.
 
In rough calculation, it is approximately 3.7 out of 10,000.
 
Please take a look at this.
 
 
Quite shocking and sad...
However, government sided scholars are still insisting they could not say these are due to nuclear accident.
 
The source of information is as follows (Japanese)
http://www.pref.fukushima.jp/imu/kenkoukanri/250605siryou2.pdf and the chart I translated was on page 11.
Also, there was one child who went through a thyroid cancer surgery and was found to have a benign one, so considering that, total number of cancer and suspected ones are 43 all together.
 
As of now,
18 are confirmed and 25 suspected.
 
These suspected ones will go through surgery and considering that there was only one benign one ouf of 44, I suppose most of them would be confirmed as cancer in the end...
 
(Comparison between Gomeli and Fukushima)
 
11.3 thyroid cancer out of 100,000 in Gomeli 5 yrs after the accident
24.9 in Fukushima 2.5 yrs after the accident
(by journalist Kota Kinoshita)
 
Please help kids in Fukushima!

--




**************************
こちらは2か月前の5月27日のものです。
Below are the results of May 27, 2013

福島の子供の甲状腺がんが27人になっているというニュースは5月末の話。2か月近くたっているのに、この問題を大きく取り上げて、訴えている団体がほとんど皆無です。

It was at the end of May that 27 thyroid cancer kids were found in Fukushima. 
Already, almost two months have been passed, but amazingly almost no anti-nuke organizations are making any appeal on this most important issue!

国内、国外ともです!どうなっているのですか?

Both in Japan and overseas!
Hey, what is actually going on!?

まるでパラレルワールドです。心のある方、どうか福島の子供の甲状腺がんを世界に訴えてください。

It is as if I was having a nightmare!

Please, anybody who has heart, there are already 27 thyroid cancer kids in Fukushima.  Please do disseminate this most important fact!


福島県の健康調査センターに電話し、以下の11ページの③の表を見やすい場所において(今はPDFを二度開かないと見れないようになっているpref.fukushima.jp/imu/kenkoukanr )英訳も付けてくださいとお願いしましたが、やってくれていないようなので、以下に自分でまとめたものを掲載します。

Some time ago, I made a phone call to Fukushima prefecture health examination section to place this most important data to more visible place (currently, unless one opens up 2 PDFs, we cannot see this table) and make the English translation, but they haven't done that yet, so here you can see them.


平成23年度及び平成24年度県内実施対象市町村別二次検査結果

Fukushima Thyroid Examination Results in 2011 and 2012

 

(平成25527日現在 As of May 27, 2013

 

平成23年度 県内実施対象市町村 Results by Municipalities in 2011



 


一次検査実施人数

No. of 1st exam

implementation


二次検査対象人数

Subject to 2nd exam


二次検査実施人数

Actual No. of 2nd exam implementation


二次検査率

Rate of 2nd exam implementation


悪性、悪性疑い

Cancer/

Suspected

cases


悪性、悪性疑い一次検査実施率

Rate of cancer and suspected cases


川俣町Kawamata


2229






0.4




0.09


浪江町Namie


3161


24


20


0.8




0.03


飯館村Iidate


937






0.6




0.00


南相馬市MInamisoma


10436


50


44


0.5




0.02


伊達市Date


10599


50


44


0.5




0.02


田村市Tamura


6358


33


23


0.5




0.03


広野町Hirono


734






0.4




0.00


楢葉町Naraha


1038






0.4




0.00


富岡町Tomioka


2072






0.4




0.05


川内村Kawauchi


262






1.5




0.38


大熊町Okuma


1844


10




0.5




0.00


双葉町Futaba


881






0.3




0.00


葛尾村Katsurao


179






0.6




0.00


その他Others


34












合計


40764


205


166


0.5


11


0.03


*1 一次検査実施者は、県内および県外検査の受診者を合計した人数

1. The first exam was the total number of residents who reside in and outside of Fukushima after the accident.

*2 細胞診結果において悪性疑いで手術後良性であった1例は含めない

2. One case where the malignancy was suspected after the cytodiagnosis and was found out its benignant after the surgery was excluded from No. of cancer/suspected cases.

*3 その他は、国が指定した警戒区域等避難区域市町村以外で、学校等において甲状腺検査を受けた人数

3. Ohters are those from outside of Exclusion zone and who conducted the examination at schools etc.


 

平成24年度 県内実施対象市町村 Results by Municipalities in 2012



 


一次検査実施人数

No. of 1st exam

implementation


二次検査対象人数

Subject to 2nd exam


二次検査実施人数

Actual No. of 2nd exam implementation


二次検査率

Rate of 2nd exam implementation


悪性、悪性疑い

Cancer/

Suspected

cases


悪性、悪性疑い一次検査実施率

Rate of cancer and suspected cases


福島市Fukushima


46367


263


228


0.6




0.02


二本松市Nihonmatsu


8619


51


20


0.6






本宮市Motomiya


5135


27




0.5






大玉村Ootama


1354






0.5






郡山市Kooriyama


50805


442




0.9






桑折町Kuwaori


1788


12




0.7






国見町Kunimi


1364


15




1.1






天栄村Tenei


850








0.7




白河市Shirakawa


10942


61




0.6






西郷村Nishigo


3585


28




0.8






泉崎村Izumizaki


1145






0.4






三春町Miharu


2440


15




0.6






いわき市Iwaki


341






0.9






合計Total


134735


935


255


0.7


16




 


 


 


 


 


 


 


*1 一次検査実施者は、県内および県外検査の受診者を合計した人数

1. The first exam was the total number of residents who reside in and outside of Fukushima after the accident.

*2 福島市以外は、まだ検査開始早々で受診率が低いため表記していない。

2. Except Fukushima, cancer rates are blank due to low rate of 2nd exam implementation.

*3 早期に診察が必要と判断した方については優先的に二次検査を実施

3. For those who show early diagnoses are needed at the 1st exam, the 2nd exam is implemented with priority.



6月に公表されました福島県健康管理調査の中間報告書によりますと、18歳未満の子供達を対象に実施された集団検診で、12人が甲状腺ガンに罹患していることが確認されました。
この事に関して、IPPNW理事会メンバーのアレックス・ローゼン博士が小児科医としての見解を述べていらっしゃいます。ローゼン博士の見解は一貫してデータ/科学的論拠に基づいていますが、特に印象深いことは、彼がエンパシーを持って、甲状腺全摘出手術を受けなければならない子供達のこと、その家族が直面していかなければならない厳しい現実について言及されていることです。最後に、ローゼン博士は結論として、子供達を放射線から防護することは社会全体の責務であり、日本当局はこの責務に真剣に立ち向かっていかねばならないと訴えています。
なお、このスタディーを翻訳することに、ローゼン先生から快諾を得ることが出来ましたことをお伝えしておきます。

原文はIPPNWドイツ支部のサイトに掲載されています。そのリンクです。:
http://www.fukushima-disaster.de/deutsche-information/super-gau/artikel/770c8793636020d2b339ac0721b8e99b/-fdf7bdedf6.html
福島の集団スクリーニングで12人に甲状腺ガンを発見
著者: アレックス・ローゼン(Alex Rosen) 医学博士-IPPNW理事会メンバー
(日本語訳:グローガー理恵)

2013年7月6日
6月、福島県は福島健康管理調査(Fukushima Health Management Survey)の新しい中間報告書を公表した。簡潔に要約すると、これは今までの中で最も重要な調査結果となっている。: 調査結果は、検診対象者である計175,499人の18歳未満の子供達の内76,230人(43.4%)に、疑わしい甲状腺の異常‐すなわち結節や嚢胞‐が検出されたことを示した。

 直径5mmを超す結節もしくは直径2cmを超す嚢胞のあった子供達1,140人(0.6%)が、二次検査へ出頭された。福島医科大学病院において、これらの子供達を対象にした更なる超音波検査、血液検査、尿検査が行われ、必要と判断された場合には細針生検がなされた。

2013年の5月末までに、これらの1,140人の子供達の内、二次検査を終了したのはただの421人だけで、その内の145人に細針生検が実施された。

細針生検を受けた145人の子供達の内、28人にガンの疑いのある細胞が発見された。これまでに、その28人の中から、13人の子供達が甲状腺摘出手術を受けている。 その内12人に甲状腺乳頭ガンが確認され、1人は良性腫瘍であると判断された。生検(生体組織検査)でガンの疑いがあると診断された残りの15人の子供達は、今までのところ、未だ甲状腺摘出術を受けていないので、彼等が実際に甲状腺ガンに罹患しているかどうか確実に言うことはできない。

全部で、719人の子供達が未だ二次検査を済ませていない。ここで特に憂慮すべきことは、郡山における状況である。: 郡山では、最初の一次検査で疑わしい甲状腺異常が検出された442人の子供達が二次検査へ出頭となった。しかしながら、今迄のところ、これら442人の子供達の内、ただの5人だけが二次検査を終了したのみである。そして、これら5人の内2人が悪性の甲状腺ガンに罹患していることが確定された。この事は、郡山の(未だ二次検査を終了していない)残りの437人の子供達が検査を受けたら、更に何件の甲状腺ガン罹患の診断が下されるのであろうかとの疑問を呈示してくる。

また、ここで忘れてはならないことがある。: それは、福島県にある他の34の市町村からの158,783人の子供達が未だに最初の一次検査を受けていないこと、そして今後数週間において初めて、これらの子供達を対象にした一次検査が実施されることになっていることである。

上に記述したように、 福島県における甲状腺検査は未だ完了していない。したがって、我々は現在のところ未だ、子供や青少年における実際の甲状腺ガン罹患数の全体像を持ち合わせていない。既に存在している数字だけを基に判断すると、これまでに、100,000人の子供/青少年の内15.4件に癌の疑いがあるとの生体組織検査の結果が確認され、100,000人の内6.8件に甲状腺ガンの診断が既に下されたことになる。現在の時点では、このような予期しなかった高い甲状腺ガンの罹患数がフクシマ最大想定事故に起因しているのかどうかは、未だ確実には言い切れない。
-日本の国立がん研究センターによれば、2000年から2007年における子供と青少年の甲状腺ガンの発生率は、100,000人当たり0.35件(男:100,000人当たり0.21件、女の子供および青少年: 100,000人当たり0.49件)であった。1)

-米国もしくは英国のような他の国々でも、似たような甲状腺ガン発生率のデータが出されている。: ここでは研究調査が、100,000人当たり0.02件から0.03件の発生率を示している。2)

これら発生率のデータは、年間に一般住民において新たに発生した罹病数を記述している。したがって、これらのデータと、多数の症状のない子供や青少年を対象に超音波検査し、先ず何年か後になってから初めて、臨床症状を引き起こしたであろうとされるガンが発見される可能性もある福島県健康管理調査の集団スクリーニングの結果とを、直接に比較することはできない。

集団スクリーニングによって発見された罹患の率が、一般住民における(病気の)症状を通して普通は明らかになる罹患の率よりも高いとき、これを所謂「スクリーニング効果(Screeningeffekt)」と呼ぶ。日本の科学者達はこれまでのところ、フクシマにおける予期できなかった高い甲状腺ガン罹患率は、この「スクリーニング効果」のせいであるとしている。この(日本の科学者達の)仮説が確証されるのか、若しくは、チェルノブイリ最大想定事故後のように、多年にわたって、継続的に甲状腺ガン罹病率が増えていくのか、後年になれば明らかになっていくことだろう。

チェルノブイリの場合は、最大想定事故から凡そ4年経ってから、甲状腺ガン罹患率の著しい増加があったことが明らかになっている。フクシマ原子力災害の後、そのような短い期間で既に、甲状腺ガンが発見できたという事実は、もしかすると、日本にはもっと優れた診断装置が備わっているからであると説明できるのかもしれない。チェルノブイリによって放射能汚染された、当時はソビエト連邦であった地帯(複数)には、高解像度の超音波診断装置を使った集団スクリーンは存在しなかった。したがって、チェルノブイリ事故の後も、もっとずっと早い時期に最初の甲状腺ガンが発生していたのだが、単にそれが診断されることがなかったという可能性も確かにある。

全体的に、チェルノブイリ原子力災害によって引き起こされた影響/結果と、フクシマ原子力災害によって引き起こされた影響/結果を比較することには問題がある。何故なら、両災害のシナリオが重要なパラメーターにおいて異なっているからである。例えば、日本の子供達の食事は多量の魚類や海藻類を含んでいるため、明らかにチェルノブイリ周辺住民の食事よりもヨー素成分に富んでいる。また、フクシマ・メルトダウンによって放出されたヨー素131の量はチェルノブイリからの放出量よりも少なく、放射能塵の大部分は日本の陸地には降下せず、太平洋へと降下したが、放射能塵は海洋食物連鎖を汚染していった。同時に、再三繰り返して指摘せねばならないことは、日本当局が被災した子供達に対して防護ヨー素剤を投与することを拒んだことである。

したがって、フクシマの子供達が受けた放射性ヨー素の被曝線量を適切に推定することは非常に難しい。一方、2011年5月に文部科学省は、福島県にある数多くの幼稚園/保育園や学校の校庭・遊び場の塵埃のなかに、著しく高まった数値のヨー素131を検出した。3) また、果物、野菜、水道水、魚にも、明らかに高まった数値の放射性アイソトープが検出された。- 部分的には最初の爆発(複数)から3ヶ月経ってからも検出されている。4)

そのため、福島県の子供達は長い期間に亘り、まき散らされ舞い上がった放射性塵や放射能汚染された食物を通して、高まったヨー素‐131の被曝線量に曝され、その結果、甲状腺ガンを発病するリスクが高まったと推定することができる。更に、福島県外に住む子供達も同様に放射性ヨー素に接触することになったのであるから、集団検診を福島県だけに限定することは、不適切であり不十分であるということも考慮されなければならない。 また、チェルノブイリ最大想定事故を通しても同様に、放射性降下物で汚染された地方において、かなりの数の甲状腺ガンが発生している。

ここで、心に留めておかなければならないことは、甲状腺ガンに罹った子供達が受ける摘出手術とは、甲状腺が全摘出されなければならない複雑な手術であり、かなりの危険性を伴ったものであると謂うことである。更に、摘出手術を受けた子供達は、定期的に血液検査を受ける方法によって正確に調整された甲状腺ホルモン剤を一生、服用していかなければならない。また、そればかりではなく、甲状腺ガンが再発するケースは稀でないため、アフターケア検診を定期的に受けなければならなくなる。それ故に、甲状腺ガンは、良い治療選択があるにもかかわらず、甲状腺ガンを患った子供達を持つ家庭にとっては、決して容易なことではない。

放射線防護すること、とりわけ放射線感受性が大人よりも遥かに高い子供達を放射線から守ることは、社会全体の責務であり、日本当局はこの責務に敢然と立ち向かっていかねばならない。
以上

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1) ソース: 国立がん研究センター、がん情報サービス-Center for Cancer Control and Information Services, National Cancer Center, Japan. Katanoda et al. “An updated report of the trends in cancer incidence and mortality in Japan.” Japanese Journal of Clinical Oncology, 2013; 43: 492-507; http://ganjoho.jp/pro/statistics/en/table_download.html
2) ソース:Vaisman et al. “Thyroid Carcinoma in Children and Adolescents―Systematic Review of the Literature”. Journal of Thyroid Research, Volume 2011; Wiersinga et al. “Thyroid cancer in children and adolescents–consequences in later life.” J Pediatr Endocrinol Metab. 2001;14 Suppl 5:1289-96; discussion 1297-8; Harach et al. “Childhood thyroid cancer in England and Wales.” Br J Cancer. 1995 Sep;72(3):777-83; „Thyroid cancer incidence statistics.“ Cancer Research UK, www.cancerresearchuk.org/cancer-info/cancerstats/types/thyroid/incidence/uk-thyroid-cancer-incidence-statistics#age)
3) ソース:文部科学省-MEXT, “Calculation Results and Basis regarding Internal Exposure – Studied in Summarizing the “Tentative Approach”, May 12th, 2011; http://eq.wide.ad.jp/files_en/110512release1_en.pdf
4)  ソース:WHO, „Preliminary dose estimation from the nuclear accident after the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami“. May 23rd, 2012, Table A8.2, p. 106; http://whqlibdoc.who.int/publications/2012/9789241503662_eng.pdf