2014年1月29日水曜日

ショック!エートス安藤量子氏(本名鎌田陽子氏)が竹野内真理を告訴!


2014年1月28日、福島県いわき南署から連絡あり、以下にある福島エートスリーダーの安東量子氏(本名:鎌田陽子氏)が竹野内真理に対して、告訴したことを告げられました。

On January 28th, 2014, I received a telephone call from Iwaki Minami police office in Fukushima, noticing me that the leader of Fukushima ETHOS Ms. Ryoko Ando (real name is Yoko Kamata) filed a legal complaint against me.

侮辱罪に相当するというツイートは以下です。

Ms. Kamata insists that my following tweet is the subject to "criminal contempt."

Mari
Takenouchi@mariscontactのツイート
世紀の罪人2人に共通項→日本に原発導入した中曽根康弘「2011年の日本がこんなにくたびれているとは思わなかった。」 エートスを主催する(御用)市民活動家、安東量子「戦後67年かけて辿り着いたのが、こんな世界とかや。」長崎の日にて

Mari Takenouchi's tweet  @mariscontact

Common points of the 2 criminals of the century:
 
Yasuhiro Nakasone who introduced nuclear power to Japan
"I've never thought that Japan 2011 could be so worn-out."
 
Ryoko Ando, government sided citizen activist who leads ETHOS "What a world are we getting 67 years after the war" (On the day of Nagasaki)

中曽根康弘氏は、1954年の水爆実験による第五福竜丸の被爆直後、盛り上がる反核運動の中で、「毒を持って毒を制せ」という日米政府の政策の中で、以前から準備していた原子力予算を国会で通過させました。

Mr. Yasuhiro Nakasone passed the nuclear budget at the Diet in 1954, when anti-nuclear movement was mounting after the Lucky Dragon Bikini H-bomb case, under the slogan, "Poison can control other poison."

そして、福島事故後に、自分がそもそも日本に導入した原発のおかげでこれだけの被害が出ているのにも関わらず、まったく自らの責任を顧みない上記のセリフを2011年9月5日のニュースウォッチ9の番組でおっしゃいました。

On September 2011, after the Fukushima nuclear accident, he stated the above in spite of the fact that he was the very person who introduced nuclear power to earthquake prone country like Japan.

また、安東量子氏は、なんと長崎の日に、自らは福島の子供たちの被曝問題を無視して、国際原子力ロビーをバックにした偽りの安全神話をふりまきながら、まるで自分が被害者であるかのような語り口の歌を詠んでいます。

Ms. Ryoko Ando read the above poem of her own on the Day of Nagasaki, in spite of the fact that she is the very person who diseminate false safety myth in Fukushima to encourage people to keep living in contaminated zones.

共通点があると思いました。原発導入と子供たちへの被曝放置という、世にも恐ろしい結末をもたらした行為を自分たちがやっているにもかかわらず、まるで知らんぷりをしている。

I thought these two have something in common.  Though they themselves have been involved in horrendous actions, nuclear power introduction to Japan and scattering radiation safety myth in Fukushima, they pretend that they do not know anything.

核兵器と原発両方の被曝国日本において、私は世紀の罪人というセリフは大げさではないと思います。

I do not think the word, "criminals of the century" is not neccesarily an over reaction in especially a country like Japan, the victim of nuclear weapon and nuclear power.

ツイッター上では、なにかの事件の責任者のことを、彼こそこの問題の「A級戦犯」という物言いは良く行われています。

On twitter, people often use word, "Class A Criminal," when describing someone who has the main responsibility.

国の未来を揺り動かす、原発の過酷事故、そして子供たちの被曝放置の責任者がまったくニュースに取り上げられないことに常々、憤りを感じていました。

I have been always feeling strong resentment that nobody has taken true responsibility after the nuclear accident while lots of children are left being exposed to radiation.

私は、事実に対する自分の意見を含めた上記の発言が、刑法に相当する犯罪である「侮辱罪」に当たるとは、思っていません。

I do not think the above tweet of mine is subject to "criminal contempt."

仮に私の上記のツイートが、そのような刑法上の罪状を言い渡されるならば、中曽根康弘氏と安東量子氏は、もっともっと重い刑罰が科されるべきであると心底思っています。

If it was, I believe Mr. Nakasone and Ms Ando are subject to more serious criminal codes.

いずれにせよ、この件が、より多くの人々に知られることを望んでいます。

In any case, I hope this case would be known to public widely.


**********************************

Ms. Ryoko Ando, the leader of Fukushima ETHOS

"It is important to establish your own standard of radiation safety to achieve your true sense of security."

↑ I really do not understand what she has been saying.
Please relocate children from Fukushima!  It is dangerous to live there.
The truth is as simple as this!



東京新聞もエートスを報道!
Tokyo Newspaper Reported ETHOS on January 1, 2014


以下がエートスの説明です。
The following is my explanation of ETHOS.
http://savekidsjapan.blogspot.jp/search?q=%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B9




2014年1月28日火曜日

そもそも舛添氏は、都知事選に立候補する資格があるのでしょうか?(脱原発の細川さんを応援)

 
 
舛添要一氏は、そもそも都知事選に立候補する資格もないような→
 
妻3人、愛人2人、子2人、婚外子3人という種馬のような人生を送ってきた舛添要一氏について、元妻の1人である片山さつき氏は、舛添氏から愛人の妊娠中に「出て行け!」と怒鳴られたことやナイフを突きつけられたことなどを告白し「ただただ恐かった」(週刊新潮、週刊朝日等)togetter.com/li/615984
 
↑えええ、「ナイフを突きつけられた」って逮捕されてもおかしくないレベルでは???
 
@rururu_mama
歩けないなどの被害が続出する子宮頸がんワクチン導入もこの人。
@odebu0999: RT @mariscontact: 忘れてはいけないが厚労相時代、生活保護の母子加算を全廃させた張本人です。 pic.twitter.com/7Iq3JI2BsI あきれた!
 
@mariscontact: なんと!舛添要一氏の華々しい「悪事の数々」のまとめがあった!
頭がくらくらするほどの非人間性!
逮捕されてもいいのではないか?
togetter.com/li/613494
少なくとも都知事に立候補する資格はあるまい” #都知事選 #舛添要一
 
しかし、報道規制が敷かれているようだから、市民が拡散するしかない。
 
報道局員「安倍政権になってから報道禁止令は約300通」@shakeourhands20: 拡散!
@higa0818: 【舛添の汚職報道禁止令が出た! @narito777: マスコミ内で舛添の汚職報道を禁止する 証拠です。 pic.twitter.com/8584JFGf5A”"
 
 
 
 
「舛添要一は、福島第一原発事故 を招いた責任者の筆頭です。このような人間に権力を持たせれば、日本は大変なことになります。」(広瀬隆) → grnba.com/iiyama/index.h
 
 
舛添要一【消せない過去】
■4番目の姉が生活保護を長年受けていた
■北九州市の担当職員が「可能な範囲で1万でも2万でもいいから仕送りしてくれ」と頼みに舛添氏の家を訪ねたが追い返された
★続き詳細は下記で
matome.naver.jp/odai/213379202
 
拡散!2008年1月15日の記者会見で舛添厚労大臣の発言
 「タミフルの備蓄が2,800万人分、プレパンデミックワクチンの備蓄が1,000万人分。これは有効期間が3年くらいなので、そのことも考えながら腐ってしまうともったいないですから、そういうことも考えながらやっていっている」
 
衝撃!政府に子宮頸がんワクチンの導入を強く働きかけてきたのは公明党だ。同党は、当時の浜四津敏子代表代行と、松あきら参議院議員(夫が制約会社の顧問弁護士)が委員長を務める党女性委員会で、麻生太郎総理と舛添厚労大臣に申し入れを行っていた。iwj.co.jp/wj/open/archiv
 
こんなのもあるし、舛添さんのクズ具合もなかなか。「8月18日、舛添厚労相が、年越し派遣村に集まった人を指し、「怠け者には税金を使うつもりはない」と言ったかと思うと、今度はその弁明の中で、「怠け者とは生活保護母子家庭のことだ」と発言した」wan.or.jp/reading/?p=140
 
都知事選に向け大拡散!
なんなのだ!この発言は!怒りで震えが来るほどだ!
→舛添厚労相「怠け者は母子家庭のこと」
ajwrc.org/jp/modules/bul
母親になってようやく気付いたが、私は子供を育てる以上の職業は、この世にないと思っている!舛添は人間として許されない!
 
だいたい、多くの妻や愛人に子供を産ませ、十分に養育費も払わずに(障害を持つお子さんにも十分払っていないというよ!)、次々と別の女をはらませる、おまえこそ、おおいなる堕落した怠け者だ!
 
子供たちの健康や命を考えずに、薬剤が「腐ってしまったらもったいないから」とは、どういう神経をしているのだ?
舛添氏は、何重もの意味で本物の子殺しだ:子宮頸がんワクチンの承認、タミフル無責任普及、生活保護の母子加算の廃止、福島の子供健康被害を無視して原発再稼働、その他
 
拡散!舛添要一氏、88年の朝まで生テレビで、推進派として議論していましたよ!朝生で地質学者の生越忠氏による活断層の存在警告に関わらず!takenouchimari.blogspot.jp/2013/04/blog-p
また柏崎でも ameblo.jp/toseinin-tora/… 東京都も汚染されているのは推進派の責任
 
 


 
@yasyuw 私は文化人や政治家、企業家などで原発を推進してきた者どもで基金を創設し、福島などの汚染地帯の子供たちの移住のための資金を作るべきだと事故直後に自著でも書いたtakenouchimari.blogspot.jp/2013/02/blog-p
彼らはなにもやらずに知らんぷりしている。許されないことだ。
 

 
追記

宇都宮氏が「貧困の格差を拡大させた小泉氏が支援してる細川氏と一緒にできない」と述べたそうだが、同じく私も、原子力村の「他殺」を知りながら、もんじゅ西村事件の裁判で殺人を争点から外した海渡雄一弁護士が支援する宇都宮氏を応援できないでいる。takenouchimari.blogspot.jp/2013/04/blog-p

いつも鋭いツイートを発信しているこの方も、こう言っている↓
兵頭正俊@hyodo_masatoshi 1月22日
共産党の宿痾は、今回の都知事選でもよく現れている。舛添要一よりも細川護熙を批判する。右翼や権力には甘く、近い人間を潰しにかかる。そしてテリトリーの確保を目指す。今回の都知事選でも、党勢拡大(票数)が伸びたら、彼らは勝利の総括をする。だから決して一本化には応じない。

共産党も社民党も信用していない私だ。やっていることをみると裏自民党のように見えてしまう。。。脱原発をやっているふりをして、実は妨害している人々及び団体を私は許すことができない。詳しくは以下をご覧ください。↓

http://takenouchimari.blogspot.jp/2013/10/blog-post_26.html